住宅取得等資金贈与について 主人名義で2023年3月下旬に入居予定のマンションを購入しようかと考えていて、その際には主人の両親より800万円の援助を受ける予定です。

住宅ローン | 税金103閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただきありがとうございました!

お礼日時:7/4 23:08

その他の回答(1件)

0

贈与した側の経験からの話しという事ですが一言。建築中のマンションですよね? まず、来年の3月15日までに引き渡しが完了していれば今年の贈与で問題無いです。3月下旬の入居予定という事は引き渡しは3月15日までに済んでいないでしょうかね? まあ、昨今のコロナや世界情勢の影響で住宅の完成が遅れる事がかなりあるという事なので予定通りにはいかない事もありますしね。 上記の事は置いといて、住宅取得等資金の贈与の非課税特例を受ける場合は、住宅代金の支払いやローンを組む前に贈与を受ける必要があります。贈与のお金を手付金や頭金にあてて残金をローンで支払うというようにするのが一般的です。 手付金を払ってローンを組むって事はそれで総額を支払えるって事だと思いますから、その後に贈与を受けると非課税扱いにはならないです。 今年中に購入契約・ローン契約・贈与を受けるという事で、引き渡しが3月15日に間に合わないなら非課税特例を使うのはやめた方が良いと思います。 詳しくは税務署や税理士さんに相談してください。