サラ金の借金は本人が亡くなった場合、配偶者、親、子供、兄弟が返済する義務はないんですよね?保証人になってない場合。

法律相談72閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:7/3 23:36

その他の回答(3件)

0

配偶者、親、子ども、兄弟が全員存在するとして、その状態で本人が亡くなりましたというケースですね。 何もしなければ、配偶者と子どもが借金を返さないといけません。それを相続といいます。相続というのはプラスの財産もマイナスの財産(借金がそれですね)ひっくるめて引き継ぐということですね。 そこで、お子さんが相続放棄という手続きを家庭裁判所ですると、配偶者と親が相続することになります。親も相続放棄をすると、配偶者と兄弟が相続します。配偶者も相続放棄ができます。 先に述べたように、相続はひっくるめて引き継ぐということですから、相続放棄をするということは、ひっくるめて引き継がないということになります。借金は払う必要はなくなりますが、亡くなった方の預金は1円も相続できません。

0

確かにそうですし 相続放棄すれば問題有りませんが 例えば父親が亡くなって 実家が父親の名義で子供や妻が相続すれば厄介ですね。 本人の正の財産は頂いて 負の財産は要らないと都合よくは いかないだけです。

0

債務(借金の返済義務)は、財産と同様に相続されます。財産を含めて相続放棄すれば免れます。