ID非公開

2022/7/3 7:07

66回答

障害者年金について 現在人工透析をしてて障害1級の手帳を持つ親がいます。

病気、症状 | 年金186閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

2
ID非公開

2022/7/3 11:53

結論から言えば、障害年金(障害基礎年金、障害厚生年金)を受けることはできません。 事後重症(あとで述べます)に該当しないからです。 また、障害者年金とは呼びません。法的な障害者(各種の障害者手帳の交付を受けている人)に限られるものではなく、また、障害者手帳の障害等級と全く連動しないためです。 糖尿病を契機として糖尿病性腎症(人工透析など)や糖尿病性視力障害(網膜症や失明など)、糖尿病性壊疽(肢体不自由など)に至った場合は、相当因果関係ありというのですが、全く同じ病気(同一傷病)として扱います。 障害年金独特の考え方です。 つまり、人工透析や網膜症・失明、壊疽といったものが全く別の障害として「ぽんっ」と生じた、とはとらえず、あくまでも「元々の糖尿病の悪化の結果」としてとらえます。 これを、事後重症による障害といいます。 これも障害年金独特の考え方です。 事後重症による障害で障害年金を請求したい場合は、①元々の障害の初診日が65歳の誕生日の2日前にあり、かつ、②65歳の誕生日の2日前までに障害年金を受けられ得る状態に達し、③65歳の誕生日の2日前までに障害年金の請求を済ませる‥‥ということが不可欠です。 当該ケースでは、上記①~③のいずれも満たしていません。 この結果、障害年金を受けることは、一切できません。却下されるのは当然のことです。 そもそも、65歳以降は老齢年金(老齢基礎年金、老齢厚生年金)で経済的にカバーし得るため、このようなしくみになっています。 事後重症は、65歳の誕生日の2日前までに、上述した所定の要件が満たされていなければ受けられません。 また、65歳を過ぎても受けられるのは、70歳直前までの厚生年金保険の被保険者期間中に初診日があるようなときに限られます。 但し、1級か2級に該当しても、もはや「国民年金(基礎年金)には入っていない」といった年齢なので、障害厚生年金しか出ません(障害基礎年金はもらえません)。意外と知られていない盲点です。 以上です。 したかがない、と言いますか、現実に不可能ですから、あきらめていただくしかありません。

2人がナイス!しています

1

70歳前後に透析になったのでは障害年金を 請求することは不可能なので却下以前に 門前払いですね。

1人がナイス!しています

50代で糖尿病と診断されてそれから何年かたって 人工透析になった場合には障害年金は 事後重症による請求になりますが この場合には透析開始時の年齢が65歳を 超えてしまうと請求することが できなくなります。 ちなみに私は30代で糖尿病と診断されて それから17年目に人工透析となったので 障害基礎年金の2級受給しています。

0

障害者年金ではなく、障害●●年金です。 老齢年金をすでに受け取っているなら、対象外。 現役時代に初診日がある生涯であっても、 初診時に加入していた制度で決まりますし、 そもそも年金保険料を未納にしていれば、対象外です。 障害が当てはまっても、年金保険料を納めてないと 対象外になってしまいますね。

0

老齢年金をすでに受けていれば、申請しても無駄でしょうね。 通常は障害年金は65歳までです。65歳の時にそのまま障害年金もらうか 老齢年金にするか決めます。普通は老齢年金の方が多いので、 老齢年金に切り変えますが、 透析開始が70歳ならば、当然無理ですね。

ID非公開

質問者2022/7/3 8:44

老齢年金月3万円てすがそれより低いのですか??