厚生年金保険料についてご教示ください。

年金 | 社会保険162閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

目から鱗でした。2階建てに惑わされていました。 しかしながら諸々検索しても、 国民年金が含まれているという解説が目に余ります。 何かモヤモヤしていたことが晴れました。 知恵袋で皆様のアドバイスが痛み入りました。 ありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

心から感謝申し上げます。

お礼日時:7/5 12:52

その他の回答(6件)

0

Q.1 厚生年金保険が適用されている事業所に勤めれば、自動的に国民年金に加入することになります。これを国民年金の第2号被保険者といいます。 国民年金の第2号被保険者の保険料は、あなたが加入している厚生年金保険が拠出して年1回、国民年金の費用を負担しています。自分で国民年金の保険料を納める必要はありません。 依って、61歳になっても国民年金保険料は負担は有りません。 Q2. 厚生年金は70歳迄しか加入出来ません。 その場合の国民年金第2号被保険者の保険料は前述と同じで負担は有りません。

0

A1.変わりません。配偶者がいれば、第3号被保険者として 保険料は¥0のママです。70歳まで保険料を負担します。 報酬比例部分は増え続けます。 A2.復活します。老齢基礎年金の対象となる国民年金加入者では ありませんが、主が厚生年金加入期間が480ヶ月に満たない場合、 老齢基礎年金とほぼ同額の経過的加算が加入月数に応じて支給されます。 >その場合、国民年金保険料は省かれる 省かれますが、元々¥0なので、保険料は変わりません。 と、言った方がよいでしょう。

0

60歳以降も会社勤めであれば国民年金未納期間が有れば480月分まで 経過的加算と言う名目で国民年金未納部分を収めている事になります。 60歳以降厚生年金が適用されない短期アルバイトとかで勤めていれば 国民年金未納部分は65歳まで任意加入と言う形で自分で16610円収める 事になります。厚生年金は70歳まで控除されます。

0

ネットで見た説明に影響され、勘違いしてますよ。 ・『厚生年金保険料については国民年金保険料が含まれている』 は、ウソです(´ρ`) 事実は、 ・厚生年金に加入中は、国民年金保険料 0 円とする です。法令にそう書いてあります。 つまり、 「給与から引かれる厚生年金保険料は、厚生年金のみの金額です。」 どうか頭を入れ替えて下さい。目を覚まして下さい。

0

よくある質問です。 厚生年金保険料を 払うと 国民年金保険料を払わないでいいか? は YESです しかしながら、あくまでも 払うのは 厚生年金保険料です その集めた厚生年金保険料は 基礎年金部分の財源と 厚生年金部分の財源へ と 使われます。 基礎年金部分へは 第二号の方の分と 第三号の方の分 の両方の財源となりますね。 20歳未満の方の厚生年金も 60歳未満の方の厚生年金も 20から60の間の方の 厚生年金も 同じ報酬だと同じ額です あくまでも払うのは 厚生年金なので。