ピーマンの栽培の事で教えて下さい。 植え付け後1週間経ちますが、葉に元気もなく、葉の色も黄緑っぽくなってしまっています。 何が原因なのでしょうか?今日肥料を少しあげてみました。

画像

家庭菜園90閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:7/3 17:00

その他の回答(2件)

0

この高温期に、マルチは必要ないもの。 ピーマン、茄子は地温が低いと根が育たない。 そのため、3月、4月に定植するときには、マルチをして、あんどんで囲まないと、成長が遅れる。 ナスの場合は、寒いと茎が固くなり背丈が伸びない。行灯も必要。 ピーマンは、寒いときに定植すると、根がのびず、暖かくなっても根も木も成長せず、収穫量も半分以下になるなどを経験している。 そして、トマトもだが、定植後少なくとも40日ほどは水を控えないといけない。 根は水を求めて根を伸ばす。 水が多いと、根の発達が遅れる。 水は、生かさず殺さず、根の発達を第一とする。 完全に表面が乾いても、少し待つ。 ピーマンは、直根型なので、深く伸びる。水は控えめにすると、40日ころからは、一気に成長する。 この高温期にマルチをすると、まだ根が発達していないのに、蒸れて根が傷む、過湿状態になるだろう。 保温の時期は終わっているので、私などは、外側のみ残して、切り取って剥がしている。 トマトも同じ育て方。 トマトなどは、雨水が入らないように、根元をテープで塞いで育てました。 ピーマン、トマトともに、水を控えて、音を育てるのがコツと思います。 専業農家などのように、畝が高く、土壌の水はけなどが良い場合とは、違いがあるが。 根は、人間のようにミトコンドリアを持ち、酸素呼吸をする。 土壌が水浸しで継続すると、根の細胞は呼吸できないので、死滅する。 根腐り。 単なる肥料不足とは思えない。 参考に。