コトバンク デジタル大辞泉に 「おさまり」の漢字は 収、納、治(とも書く)と書かれていますが 治は当て字なのでしょうか。 治と書く人もいる(作家とか)ということなのでしょうか。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

御回答ありがとうございました

お礼日時:7/5 19:09

その他の回答(3件)

0

質問のもとになっている内容を検索しましたが、該当するものがありません。 URLを追加してください。 >コトバンク デジタル大辞泉に「おさまり」の漢字は収、納、治(とも書く)と書かれていますが治は当て字なのでしょうか。 ↑ 「とも書く」とは、当て字という意味ではない。 <Aと書くのが一般的だがBと書く場合もある>という意味なのだ。 具体的に、国語辞典の見方を教授しようと思ったのだが、該当する内容がない。 どこを見て質問したのか。 いい加減なことを書かずに、正確に書いてもらわないと、教授できない。

画像

下記を見て質問したのかい。 質問と違うじゃないか。正確に書けよ! https://kotobank.jp/word/%E5%8F%8E%E3%81%BE%E3%82%8A-452183 デジタル大辞泉「収まり」の解説 おさまり〔をさまり〕【収まり/納まり】 1 (「治まり」とも書く)物事のきまりがつくこと。始末。決着。「もめごとの―をつける」 2 金銭の納入の状態。「会費の―がいい」 3 物の入りぐあい。また、落ち着きぐあい。安定。「雨戸の―が悪い」「この花瓶は―がよくない」

0

「治」の文字には「治まる」の用例がありますから、「治まり」が当て字というわけではありません。 伝えたい意味によって使い分けるのだと思います。 「治」には、「世の中が平穏になる。痛みなどがなくなる。」という意味がありますから、そういうニュアンスの場合には「治まり」なのでしょうね。