『ハリーとトント』は良い映画ですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

良い映画でしたが、アメリカは早いというか、今の日本が抱える独居老人の問題をもう1970年代前半に描いている、という点ですごいと思います。愛猫、に関しては、この映画はいまいちのような気がします。猫は移動がストレスになるのに、ハリーの長旅につきあい、体調を崩して、最後にペット病院?のようなところで亡くなったトントが憐れでなりません。最後の「グッバイ、トント」とケージのなかでぐったり横たわっているトントに手をふって去っていくハリーの姿にも違和感がありました。なぜ、手元で最後まで看てやらなかったのか・・・。明るい雰囲気を醸し出しながら、身につまされる映画だと思いました。

0

良い映画です。猫好きには最高の映画の1本です。ロードムービー好きにもお勧めです。ポール・マザースキーは再評価されるべき監督の一人だと思ってます。