ID非公開

2022/7/5 15:39

44回答

But this no more shows any real superiority than when it carries out vast number of mathematical operation simultaneously.

英語65閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/5 17:13

チェスが上手い人が相当数の盤面を記憶して機械的にチェスをしている。理論的にはCPはそれより大きい記憶力で機械的にチェスできるし、それだから結局どんな人間より優る。といったのがこの前の内容でした。ご丁寧にありがとうございます。

その他の回答(3件)

1
ID非公開

2022/7/5 16:26

何か違和感あるなぁ。 >it carries out vast number of mathematical operation simultaneously. 「number」に冠詞が付いていないし「膨大な数の演算」だから「演算」は複数のはず。 it carries out [a] vast number of mathematical operation[s] simultaneously. それと >分かりずらい文章で申し訳ありません。 日本語もダメだね。 「分かる」+「辛(つら)い」→「分かりづらい」

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/5 16:59

日本語から勉強してきます。ご丁寧にありがとうございます。

1

考え方としては少し違います。 no 比較級 than 〜という構文は 比較対象との「差」をnoで否定しています。 比べることなんて出来ない!thanの内容差も関係ない! という感じです。 A is no (比較級) than Bだと AはBと同様に(比較級)ではない。 です。 例文で言えば 「膨大な数学演算を同時に行う時」との比較差than自体をキャンセルするので、「同じくらい」となります。 つまり 膨大な数の数学演算を同時に行う時と同じくらい、コンピューターが本当に優れていることを表さない。 となります。 だから意味的には

1人がナイス!しています

同時に演算処理をする時と同じく、コンピューターであっても優位性は示せないという感じなので、質問者さんの受け取り方と結果的には同じになります。

1

クジラ構文は Whales are no more fish than horses are. というようなもので、 P(Whales=Fish) ≦P(Horses=Fish)=0 (∴P(Whales=Fish) = 0) と言う意味の時に使います。 これは単にno more thanの構文であって、 クジラ構文ではないと思います。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/7/5 17:02

そうなんですね!鯨の公式を扱うところの問題演習で出ていたので勘違いしてました。ありがとうございます。