エンジンカスタムの1つにラムエアを吸わせるというのがありますが、理屈でいけば冷えた燃料を噴射すれば同じ効果が得られると思うのですが実際どうなんでしょうか?

ベストアンサー

0

なるほど、ありがとうございます。 温度ではなく空気量なんですね、冷たい空気は密度が高いため、そもそもの空気量が増えるからパワーが上がるという事ですか… 回答ありがとうございます。

その他の回答(1件)

0

冷えた燃料? ガソリンをわざわざ・例えば2~3℃まで冷やすとか言う意味ですか? ほとんど意味ないでしょうね。その冷やすためのエネルギーはどこから来るんですか?エアコン駆動すれば冷やすことはできるけど(エバポレータに相当するものをガソリンタンク内に仕込めばよい)そのためにエネルギーロスするようでは本末転倒。 例えば今のインジェクションはエンジンブレーキ状態となると噴射をストップして燃費稼いでますが、それでも燃焼室の気化冷却のためにごくわずかの噴射は行ってるそうです。それでもアイドリング状態よりは少ないですが。