ここから本文です

【交通死亡事故の加害者が、罰金30万円というのは妥当ですか?】 車対人の交通死...

mtm********さん

2009/5/2506:12:01

【交通死亡事故の加害者が、罰金30万円というのは妥当ですか?】
車対人の交通死亡事故の被害者遺族です。祖母が車にはねられて亡くなりました。
詳しい事故の状況は以前にも質問させていただきましたので↓にURLを。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419907764

結局、警察も事故当時のことはよく分からないと言っています。
加害者はぶつかるまで祖母に気づかなかったと言っているそうです。
というか、人を轢いたことさえ分からなかったそうです。

そんな中、最近になってやっと加害者の刑が確定し、罰金30万円だと聞きました。
全然納得できません。
「自動車運転過失致死罪」と検察庁の人は言っていたのですが、人を轢き殺して、たった30万で済むのですか?

事故後、加害者の誠意は全く感じられず、
警察の取調べ(被害者本人は亡くなっているので遺族側は形だけですが)のときも、後日検察庁から連絡があったときも、
「加害者は厳しく罰してください」
と言いました。

これは厳しく罰せられたのでしょうか?
法律のことは素人なのでこれが軽いのか重いのか判りません。
でも、ネットで検索すると禁固○年とか執行猶予○年とか出てきます。
当然、禁固○年(どんなに軽くても執行猶予)というような判決が下されると思っていたので、とても疑問です。

詳しい方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

また、近く検察庁に実況見分調書(?)を閲覧に行く予定なのですが、どのようなところを特に注意して見たら良いでしょうか?

質問が2つになってしまってすみません。

よろしくお願いします。

閲覧数:
29,919
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koj********さん

編集あり2009/5/2522:37:31

恐らく略式の罰金刑だったのでしょう。飲酒や暴走などの悪質な違反が無く、また任意保険に入っていれば賠償される見込みがあるということで略式の罰金刑となります。
30万円というのは安い気がしますが、逆に言えば前方不注意以外に重大な違反を立証出来なかったのでしょう。
前方を注意していても避けられない飛び出しだと認定された場合には運転者は不起訴(=無罪)になります。

ちなみに跳ねられた人体より車が先まで進んで止まるのは衝突した時点で車が制動を開始していなかったためで、衝突するまで気がついていなかった事を裏付けてます。
衝突地点から人体が停止した位置までの距離が判れば衝突時の四輪車のおよその速度を算出できます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sun********さん

2009/5/3116:08:36

罰金と損害賠償は別ですので、、、
罰金は刑法に則って国に納めるべきものですが、死亡事故の場合、刑事的責任と民事的責任が生じます。
死亡事故の場合、民事に関してはその人の人生の価値(年収や家族)に見合った金額が出され、損害賠償として幾ら払わなければいけないか、、という事になります。

軽微な人身事故の場合は民事裁判になる事もなく、一般的には任意保険に入っていれば保険会社から治療費や慰謝料が支払われる事になります。

で、刑事罰に関しては裁判等で加害者の印象によっては刑の重さ異なるかもしれません。
明らかに反省の態度が無い等は、加害者にしてみれば自身をおとしめるだけです。
刑量は客観的事実の確認出来た事に関して行われますので、死亡事故の状況(双方の過失割合)によって評価されるでしょうし、亡くなっているとはいえ、例えば横断禁止場所での道路横断や、赤信号での通行等、歩行者側にも非があればそれも勘案されるという事です。

取りあえずは、事故当時の状況がどのようなもので、加害者と被害者の間に置ける過失状況等は理解しておいた方が良いかと思います。
その上で、判決で出た結果に納得がいかなければ、それに対して控訴等の手続きをとるという事だと思います。

tsc********さん

2009/5/2600:55:02

事故の状況からして被害者の責任の程度が大きいと判断されたのだと思います。
もちろん、民事の損害賠償での過失ではなく、刑事処分を決める上での責任という意味です。
また、加害者に刑事処分を科すのですから、加害者の過失責任の程度というものは客観的に証明できなければなりません。
「~だろう」では無理であるということもご理解ください。

刑事記録については、謄写も可能(手数料要)ですし、謄写でなくても撮影可能のはずです。
接写の出来るデジカメ(新聞を写して文字がきれいに読めれば一般的なデジカメで十分です)も持って行かれた方がいいでしょう。

なお、事故状況ですが、詳細は分かりましたでしょうか?
仮説ですが、風か何かで傘が車道に飛ばされ、お祖母様がそれを拾いに道路に出たところ、雨で前方が見えにくかったため発見が遅れた加害車両と衝突したというようなことは考えられないでしょうか。
前回、このような状況かもと思いついたのですが、既に解決済みになったあとだったので補足ができませんでした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる