朝倉義景の領国政治について。

日本史926閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても的確で、感心しました!! ほかの方もありがとうございます!

お礼日時:2009/6/5 18:58

その他の回答(3件)

0

相次ぐ正室や息子の死により政治、軍事から離れていったそうです。 よほど妻、息子を愛していたのでしょう。いい人ですよ。 でも志賀の陣ではあの信長を土下座させていますからすごいですね。

0

(文に溺れ、武を怠る)朝倉義景とかぶるキャラに大内義隆がいますが、彼の文化面の振興策は、領民に重税を課した上に成り立っていて、不満の募る下からの圧力が陶の謀反の伏線になっていると読んだことがあります。すると、朝倉義景の最後からも、領国経営に行き詰って支持を得られていないような状況をわたしは類推できます。

0

名将 「朝倉宗滴」 の死後、転げ落ちるように没落して行った 朝倉義景。 しかし 朝倉義景 は、文化的な事業では功績があり、京風の見事な庭園や邸宅などを残したと言われています。 戦国大名に 「向いていなかった」、そうとしか言い様がない人物ですね・・・