ここから本文です

手形法上の「遡求義務」という言葉は、手形の裏書人が、被裏書人及びその後の手形...

freshmintooooooさん

2009/6/702:04:45

手形法上の「遡求義務」という言葉は、手形の裏書人が、被裏書人及びその後の手形譲受人に対して支払いを担保する義務という意味であっていますか。

「遡求する義務」ではなく、「遡求に対する支払い義務」でよろしいでしょうか。

閲覧数:
4,449
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sam67476さん

2009/6/702:38:49

前者について、遡求義務は、裏書人の手形上の債務で、振出人の支払いを担保するという意味ですから、合っています。
後者について、遡求というのは、手形所持人が手形を支払呈示期間内に振出人に対して支払いのために呈示したにもかかわらず、振出人がこれを拒絶した場合、遡求義務者に対して請求することで、遡求義務者は、これに応じて支払義務(償還義務)があるというこになりますから、これについても合っています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。