G12勝馬デルタブルースがノーザンホースパークで乗馬になるとウェブ上に書いてありましたがG12勝馬の彼が種牡馬になれないのはやはり種牡馬がサンデー系飽和状態だからですか?

G12勝馬デルタブルースがノーザンホースパークで乗馬になるとウェブ上に書いてありましたがG12勝馬の彼が種牡馬になれないのはやはり種牡馬がサンデー系飽和状態だからですか? 又、当初角居先生の話では種牡馬になれると聞いてたのですが事情がかわったのですか???

競馬561閲覧

ベストアンサー

0

サンデー系飽和とステイヤー血統。G12勝うち1勝が海外G1。それでも種牡馬になれないとは…時代が悪かったとしか言いようがないです。このままだとポップロックやホクトスルタンも種牡馬は無料そうですね。 角居調教師はフサイチホウオーが引退する際種牡馬にさせれなかったのを悔しがってたので今回もさぞ悔しい思いなのでしょうね(後にフサイチホウオーは種牡馬になれましたが)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そうですか?年々種牡馬に求められる事が大きくなってきたんですね!大好きな馬が活躍しても血を残せないのは悲しい事です。

お礼日時:2009/6/16 0:03

その他の回答(3件)

0

短距離偏重傾向はなんとかならないものでしょうか。 お願いだからステイヤーズステークス廃止しないでほしい。 しかも実はオーストラリアこそ短距離志向の国だそうですね。 確かに、グローバルスプリントチャレンジのうち2戦オーストラリアのG1だな。

0

まあ世界的に見れば菊花賞、メルボルンCだけでは需要は見込めません。 妥当な結果なのかもしれない。 スピード重視の傾向が強くなってますから...種牡馬になれたとしてもオーストラリアとかオセアセア地区ですね。 デルタブルースはメルボルンC制覇という快挙があるし大事に残してあげて欲しいです。

0

需要がなかったのでしょう。 勝ったレースは未勝利の2000mが最短。 かなり長距離に偏った戦績で、種牡馬として見込みナシとされたのでしょう。 ハンパな環境で種牡馬になるより乗馬のほうが余生を楽しめるはず。