ここから本文です

異常な殺人とは? まず殺人の動機は何なのか?と考えてみました。

sd14sd14さん

2009/6/1221:15:32

異常な殺人とは?


まず殺人の動機は何なのか?と考えてみました。

衝動
復讐
快楽
興味

・・・とまあ大半を占める欲望であったり願望といった考えからに至ります。・・・あってます?


次に殺害方法・・・ここで異常か正常かが決められるのが大半・・・あってます?

正常な殺人と


刺殺・絞殺・撲殺
その場で殺して証拠等を隠蔽するぐらいなもの。人物の殺害が終結点。・・・あってます?

異常な殺人では


殺すまでの過程を、ビデオで撮る、またはネットで配信・・・切断した手足等を警察等に送りつける・・・
といった殺害がきっかけでしかないもの・・・あってます?


・・・すいません・・・
突然ですが・・・皆さん
ティータイムにしましょう☆・・・暗い話ですから

・・・私だけでしたか・・・だとしても野菜ジュース100%は飲ましていただきます。



・・・冷蔵庫の中を見に行きましたが・・・入ってなかったです・・・
話を脱線するからだ!ざまあみろ・・・とか酷いです・・・
話に戻ります


近年 異常な殺人が増えているという報道がいくつかありますが

「異常」という言葉で表現するというのは・・・どうなのでしょうか?
これまでに例がないというだけで・・・最近でしたか?
小説・映画・漫画・ゲーム等の殺害方法を「真似」して殺したのは「異常」・・・?

・・・私は不思議に思います

・・・ではTVで報道していた、屋上から突きおとして殺していたのを「真似」して殺した・・・のは異常ではないということでしょうか?

そもそも人間含め動物は、真似をすることにより「狩り・仕事」を覚えていきます。「学ぶ」という言葉は「真似る」が「真似ぶ」という語源に変化していったものが「学ぶ」というものに定着したものです。・・・あってます?


ですので殺人方法自体を「参考」として真似るのは奇異に感じません。


それこそ遺体の皮膚に何の痕跡もなく、骨が全てなくなっている殺人だと異常だと思います。

予想しえる事。可能な事。を「異常」という表現で拒絶する・・・それはあまりにも人間として無神経な気がします。


・・・と考えましたがそもそも殺害方法を「参考」もしくは・・・「凝る」ことが異常なのでしょうか?


それとも・・・私が一般で言う「異常者」を弁護しているような質問をしていることの方が「異常」でしょうか?

補足みなさんありがとうございます。

fukahire1980さん
そうですねそういう「報道」が増えているのかはわからないですね。


a1600022aさん
危ないですね・・・危険です・・・内緒にしましょう

lespaul_historyさん
綿密に打ち合わもやはり普通だと思います。(所詮 私の個人的な考えです)

artemisfomalhaut93さん
怖いですね・・・こんなにも一緒の考え?・・・いや意識の方からの回答がきたのは。

閲覧数:
2,088
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/6/1401:38:45

殺人の動機にもうひとつ。間接自殺・拡大自殺という概念があるように、自殺の為の殺人もあります。

異常異常という言葉が氾濫する理由は「売れるから」、だと思います。
マスコミは売れる情報しか売りません。皆が見なければ売れない情報。なら「異常」と言って「ん、何だ?」という読者の興味を引き付ける。そして「異常」という言葉に無頓着になってゆく。

本来はきっと「理解不能な」殺人が異常殺人だったのでしょう。たとえば、罪証隠滅のために人を殺したり、鬱状態であの特殊な行き詰まった感に苛まれて最愛の人を殺したり、もっと単純にいじめられっ子がいじめっ子を殺す、家族を虐待する父親を息子が殺すなど、それは動機が理解可能なもの。
切り裂きジャックのようなものが、本来異常と言われていたものだったはず。いわゆる普通人にとっては「なぜ殺すのが楽しいのか」となりますから。

今は、死体の状況を見れば「異常」、動機が解らなければ「異常」、動機が判ったところでまた「異常」、被告人の公判廷での態度をみて三度「異常」。何が本当に異常なのか、問い詰めればもう解りません。
犯罪は模倣によって広がるものだと思っています。あなたの言うとおり、真似る事は全く異常じゃない。

「殺人者はみな異常」という考え方もありますが、それは僕は反対です。殺人こそ人間を映し出したものではないのでしょうか?
そりゃ勿論、反社会性人格障害(サイコパス)も少数ながらいます。でも普通人でも「あいつを殺したい」という感情を抱いたことのない聖人はもう絶滅危惧種なのでは。
法の一線を踏み越えただけで、他は何ら「普通人」と変わりない。それを異常といって壁の向こうに押しやるのは、まさに「無神経」です。
あと、あなたは全く異常ではないです。常識から外れた考え方を持っただけで異常と言われるのなら、この社会はあまりにも残酷過ぎます。

質問した人からのコメント

2009/6/19 23:19:01

降参 >マスコミは売れる情報しか報道し...
>「理解不能な殺人」が異常...
>もう絶滅危惧種なの...
>法の一線を踏み越えた..


・・・ですがマスコミに対しての回答は控えてほしかった
この回答を経てマスコミを少し批判してみようと考えていました
私からの知恵袋での「報道」です

なので質問できません。。。
しかし・・・「たまに」回答してください・・・といっても最近 少し意味がある長文の意見を求める質問を書く事にだれていますが。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fukahire1980さん

2009/6/1618:17:52

> 殺害方法・・・ここで異常か正常かが決められるのが大半・・・

そもそも、そこがどうでしょう??

私はアタマがよくないのでわかりませんが、
「正常な殺人」ってのは、「対象の人格を殺したくて人を殺してしまうこと」。
「異常な殺人」てのは、「対象の人格を殺したいわけじゃないのに人を殺してしまうこと」。
なんじゃないのか。

要は、殺人者の目的?動機?(ワイドショーやおまわりさん等、第三者による憶測含む)で、分けるんじゃないかって気がします。

少なくとも
> 異常な殺人が増えているという報道
でいってる「異常」というのは、そういう切り分けなんではないでしょうか。

たとえば「自分のオンナ盗られたからリンチして殺した」なんてバカな事件、たまに耳にしますよね。
これがいわば正常な殺人。
オンナ盗られて、「悔しくて、思い知らせてやりたくて」などという感情が膨れ上がりすぎてワケわからなくなってしまって、もう日本語で表現できるようなモノじゃなくなってしまって、その結果「殺してやろう」になる(実際には、もっと複雑な背景が絡んでくるわけでしょうが、わかりやすく単純に言うとそういうこと)。

でも、記憶に新しい「異常な殺人事件」の代表格としてたとえばサカキバラ事件なんていかがでしょう。
あれの加害者は、被害者の肉体を切り刻んでみたかっただけです。純粋な好奇心から、被害者のすべてを奪ったわけです。
もしくは宮崎勉事件。あれも同じです。好奇心を実行に移してしまったんです。
その「動機」が「異常」とされているのであり、結果として彼らの行動(タイホ前、警察等をからかうような手紙を送りつけるなどして話題づくり)も「異常」と呼ばれるわけで…

「報道」のとおり、そういった異常な事件が本当に昔は少なくて今は増えているのかどうか、私は知りませんけどね。

a1600022aさん

2009/6/1321:39:26

異常者は自分が異常だと認識している人は少ないです。遺体に痕跡を残さない事はできます。骨だけにして三回位、高めの温度で焼けばDNAの検査は難しいと思います。遺体の移動と犯人の移動を悟られなければ殆ど、完全犯罪は成立します。二年間、土中に腐敗促進の手だて(ここでは書けません)を施し埋めます。その後、ガソリンで焼く事、三回繰り返します。頭部は丁寧に焼きます。捨てる時と場所に気をつけて、ならべく都心部の雑踏の多い場所に捨てます。中々、被害者は特定はできません。お勧めは絶対にしませんよ。可能性の話しです。

2009/6/1222:10:24

「殺し」はたいていは計画性のあるものではなく、突発的なものです。

なので、遺体の処理や証拠品の隠蔽などが疎かな場合が多いです。絞殺などでも、揉み合った時に加害者の皮膚が被害者の爪に付いていることはよくあります。

逆に、計画性のある犯罪ってのは異常だと思いますよ。完全犯罪を狙って、「殺し」の方法を綿密に打ち合わせしているのですから。よくそんなことを考えられるな、と思います。

まあ、殺人犯にまともな人間なんていないと思いますがね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。