ここから本文です

半月板損傷について! この間MRIを撮ったら半月板に亀裂が入ってました、 断...

fix********さん

2009/6/1718:29:01

半月板損傷について!
この間MRIを撮ったら半月板に亀裂が入ってました、
断面ではなく側面MRIからみて横に亀裂がありました、

発症し てから1ヵ月でようやく原因が判明しまして、
外半月板損傷で内部の為縫合手術ではなく一部切除になりそうです、

この1ヵ月の間にも趣味であった自転車に膝が痛いながらも騙し騙し乗ってきてました、

今はコンビニで立ち仕事をしてると痛くなってきたりしてますが
自転車に乗っている時は痛みが引いて無くなってきたりと曖昧な点がある事を、医師に告げると
常に痛くなってきたら手術すれば良くて、今は筋トレ等の温存をすれば良いのでは!との結果でした。

コンビニの仕事中も膝が気になって仕方無くて、自転車も怖くて最大限で乗れずに精神的に参ってる状態なので
あまり痛くなくても思い切って手術しようかと思うのですが、

今の筋トレ等の温存治療を続けた方が良いのか
手術を受けて自転車も仕事も最大限に出来る様にするのかでかなり迷ってます。
今でも多少かばいながら乗れてる自転車もこの手術で悪化して逆に乗れなくなったり日常的な生活に支障をきたさないか不安で寝れない時もあります


出来るだけ早い完治方法にしたい場合はやはり手術を受けた方が堅実でしょうか?

閲覧数:
9,330
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hos********さん

2009/6/2416:01:22

私は半月板も靭帯も切れていますが、痛みが治まり始めているなら手術はしない方が良いと思います。
私の場合は交通事故で半月板を切ったのですが、MRIでも発見することができず、ロッキングを繰り返し、星座ができていないるにもかかわらず「年のせいで事故とは無関係」とまで断言されていました。
50歳前で正座のできないことを年のせいと言われても納得できないので、あちこちの整形外科を転々としているうちに、今の主治医に巡り合い、半月板損傷を発見してもらいました。
でも、内視鏡を入れた時には怪我から年月がたち過ぎていたために、切れた半月板の周りをグルグルっと渇膜が取り捲いていました。
膝内の余分な渇膜はすべて洗い流しましたが、半月板を取り巻く渇膜は、軟骨の代わりになって関節を保護しているので、そのままにしておくのが良いと言われ、そのままにしてあります。
半月板はグルグルっと切れて、すでに体内に吸収されてなくなっている部分もありました。
切れた半月板が膝の中でずれるなどして、ロッキングを繰り返したり、半月板が神経を刺激して痛みに耐えられないというのでなければ、大腿四頭筋等の膝を支える筋肉を鍛えることで対応するのが一番痛みが早く治る方法だと実感しています。
私の場合、半月板も靭帯もそのままですが、渇膜を除去しただけで正座ができるようになりましたので、半月板と渇膜をそのままにしておいてもらって良かったと思っています。
半月板損傷を見逃すような先生ならともかく、先生が半月板損傷を見つけながら手術を勧めないのでしたら、あなたの状態は保存療法が適しているということではないでしょうか?
ここで、あなたとは条件が違う人の経験談をお聞きになるよりも、別の整形外科医にセカンドを求めて、あなたご自身の膝にとってどうすることが一番良いかを専門家に納得のいくまでお聞きになる方が良いんのではないでしょうか?
お大事にして下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる