旧郵便局の郵便貯金について 旧郵便局の定額郵便貯金が何口かあります。 独身時代の平成5年から8年にかけて、 私が母に、まとまったお金が貯まれば渡していて、

補足

親切にお答え下さりありがとうございました! お陰様で住所変更などの手続きもスムーズに、満期金を受け取って来ました。 お二人とも親切・丁寧に教えて下さり、甲乙付け難いので、 ベストアンサーは投票とさせていただきますね!

貯金891閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

平成5~8年ということですので 民営化前に預け入れていた分については 引き継がれていますので大丈夫です 満期を迎えると 自動的に普通貯金の扱いになり 証書に書かれている利率ではなく 普通貯金の利息が適用されていますので そのまま置いているよりは 預け替した方がいいと思います その際に必要なのは 証書の他に 印鑑、証明書類になります お母さんが作っていたということですので 当時の印鑑を持っていない あるいは証書に押されていない可能性があります そうなると解約と同時に改印の手続きをとる形になりますが 顔写真付の証明書類(免許証、パスポートなど)を持っていけば スムーズに進むと思われます。 また、新しく定額貯金・定期貯金を作る場合には 普通貯金も必要になります。 民営化後、定額や定期貯金を作る時には 普通貯金のデータに基づいて作るということでしたので 金額が100万近くあるということですので 名義人本人が手続きをすることになります