借金を申し込んでくる親戚には、どんな断り方が有効ですか?

法律相談11,459閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

3

3人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

何かの本で読んだことがありますが、「金の切れ目は縁の切れ目」ということで、借金のトラブルは、人間関係に根本的にヒビを入れますから、大切な人であればあるほど、借金に応じたり、保証人に応じたりしてはいけないのだそうです。 では、どうすべきか。 例えば、100万円の借金を申し込んできたら、「悪いけど、そんな金はないので、せめて」と、10万円を包み、「これは返さなくてもいいから」と、10分の一くらいの金額を、やってしまうのがいいそうです。 なるほど、100万円貸して、いざ、そのお金が必要になった時に、「返してくれ」「返せない」などともめ事が起こるくらいなら、最初から、「このお金は、もう自分の手元には戻ってこないんだ」と割り切って、10万円くれてやる方が、精神衛生上も、自分の生活設計上も、ベターではありますね。 それに、借金を返してくるどころか、追加で借金を申し込まれたら、最初の借金が返ってくるめどは今のところ立っていない、しかし、これを断れば、それこそ相手は窮地に陥り、絶対的に返ってこないのは目に見えている、なんて事態になっているわけですが、くれてやったものなら、「こないだ、融通してやっただろ? これ以上は無理だ」と、被害額は10分の一のままで済みますしね。

1人がナイス!しています