ここから本文です

皆さんは、現在のマスコミついてどう思いますか?

pur********さん

2009/6/2208:08:40

皆さんは、現在のマスコミついてどう思いますか?

マスコミは本当にありのままを伝えているのでしょうか?
私はそうは思いません。マスコミが考えているのはいかに数字を取るか。であって、視聴者に真実を伝えることではないと思います。
バラエティ番組など、娯楽的要素が多いものは数字が取れればそれでいいと思います。しかし、こと政治の分野に関してはそれをやってはいけないと感じます。
現在、日本の政治は二大政党制だと言われ、そのことばかりが取り上げられます。しかしこの事はマスコミによる報道であって事実ではないです。これは視聴者が分かりやすい様に二つの政党の対立を描いているだけです。そして、政権が交代した方が盛り上がり、報道番組の視聴率が上がるため自民党の不祥事の方が大きく取り上げられます。実際は民主党も結構な不祥事を起しているにもかかわらず。
ここで述べたいのは、どの政党が良いとか悪いとかではなく、マスコミの情報だけを鵜呑みにしてしまう事は非常に危険であるということです。与えられる情報だけでなく、自分から何が正しいのかを判断しようする賢さを国民が持たなくては非常に危険であると私は思います。

閲覧数:
325
回答数:
11
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

2009/6/2307:29:53

>自分から何が正しいのかを判断しようする賢さを国民が持たなくては


正論ではありますが、そう言うものを持ちたがらない、判断する負担を負いたくないと言う人間の方が圧倒的に多いのもまた事実でしょう。政治や経済と言った問題にははっきりとした正解がありませんから色々な情報に触れた上でよく考えなければ方向性も見出せませんし、その方向性が正しいのかどうかのはっきりとした解答もまたありません。さらに実社会では政治や宗教の話はタブー視する傾向があるのも一因でしょう。


判断が難しく、面と向かっての会話の場面では話題としての活用性も低い政治の話よりは、芸能人の誰と誰がくっついた、別れたと言う話の方が心理的な負担も少なく、実用性もあるので好まれるのは当然です。


私自身は、マスコミの報道姿勢と言うのは、上記のような人達の需要に応え、また新たな需要を生み出すと言う点で、極めて理に適っていると思います。しっかりとした需給サイクルを完成させていると言う点には敬意すら覚えます。


報道機関は公企業的な側面があると言う点も指摘されますが、公企業は時に利権と腐敗の吹き溜まりにもなります。その意味で公企業としてのひとつの姿を体現しているとも言えませんか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cab********さん

2009/6/2809:22:02

こんなのはどうでしょうか?パズルに例えてみました。

マスコミは「真実の欠片(ピース)」を配っている。

私たちは、「背景(完成図)」を理解していれば、マスコミの「真実の欠片」を探し、繋げることができる。

現状は「真実の欠片」がさまざまな媒体に散らばっている。(たまに繋がっていたり、間違って繋がっていたり)

私たちひとりひとり理解できる(しようとする)「背景」のスケールが違う。(宇宙全体が完成するピースが配られていても、人によっては、地球が組みあがれば完成<満足>だったり、銀河系、太陽系で完成だったりする)

どうですか?わかりやすいと思うんですけど。

僕からすれば銀河系レベルのあなた(例えばですよ)が地球レベルの人たちを遠まわしに馬鹿にしているようにしか見えません。
地球レベルの人たちは銀河系レベルのあなたが知らない地球のことを知っているかもしれませんよ。もしかしたら外見が地球レベルなだけで、宇宙レベルの素質を持っている人がいるかもしれない。

問題は自分以下のレベルを認めない風潮だと思います。

マスコミからあなたのいう事実を配信したければ、毎日欠かさずに「政治の仕組みについて1~10まで理解できる番組」「政治の近況を理解できる番組」「今日の出来事と総括」を24時間以内に詰め込んで放送し続けることができるシステムを作るってのが極論だと思います。

jdm********さん

2009/6/2302:56:49

ありのままは伝えて無い、ナベツネのように政治に介入している人がトップにいる会社がトップと違う意見は言えない

地球人さん

2009/6/2220:47:29

真実を伝えていません。

例を挙げればきりがありません。

住専問題はその極みでしょう。

あおり報道も凄いですね。
イラクでの人質になった勇気ある若者をどのメディアも散々に非難ばかりしていましたしね。

新聞社とテレビは一番悪いです。

私は読書が一番真実が分かる材料だと思います。

テレビやせいぜい軽めの書物位しか見ない若者に危機感を持ちます。

安本 丹さん

2009/6/2213:44:40

亡国メディアは日教組、在日ヤクザ、パチンコと並ぶ日本の癌です。

2009/6/2213:18:36

マスコミとは、一体いかなるものなのだろうか・・・・・・

その昔「マスコミは社会の木鐸」という言葉がもてはやされた。この同義語で「報道の自由」という言葉もあった。しかしこのいずれもが「マスコミのその時の状態を表す言葉」として扱われていたわけではなく、前者には「・・・・・たれ」という言葉が付記されており、後者には「・・・・・・を守ろう!」と続いていた。つまり、いずれも「希望」であり「目標」だったというわけだ。

ネット社会の中では、そんなマスコミを「マスゴミ」と書き表したりたり「犬HK」と記している書き込みを散見するが、自国のマスコミ機関をそのようにしか表現できないのは「自虐的」と言えるのかもしれない。

それはさておき、紀元前の中国に司馬遷という人物がいたのを知っているだろうか。その人となりを見たとき、これぞ真の報道官という観を抱くことができるだろう。「報道」とは「真実」を伝え、それを後世に書き残すことで「正史」となすもののはずである。その意味で言えば今日のマスコミの姿は、「マスゴミ」とか「犬HK」と自虐的に書きたくなってしまう気持ちも理解できなくはない。その責任は、一重にマスコミ自身の中に遡及することができるかもしれない。しかしそんなマスコミの報道面白おかしく眺めていた視聴者の資質もまた、無関係ということはできないかもしれない。

いずれにしても、「民意」というものが「官僚」や「政治」よりも低く見られていた時代はもう終わりに近づいている。それはひとり日本のみではなく、中国やその他の軍事政権下にある国々においてもである。その「民意」の成長の一助どころか重要な要素・手段・ツールとなりえているのが「ネット」だということができるであろう。

そうした意味においても、ネット社会を「トイレの落書き」として下劣に扱うのではなく、パブリックな意見を交換する場として真摯に対峙する必要があるだろう。そうすれば、「商業マスコミ」や、中途半端な「公共放送」などをあてにする必要もなくなるだろう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる