ここから本文です

「に越したことはない」は「一番よい」という意味ですか???

no1********さん

2009/7/413:33:38

「に越したことはない」は「一番よい」という意味ですか???

いつもお世話になっております。日本語を勉強しています。
「仲良く仕事をすることに越したことはないのだが」の「越したことない」は「一番よい」という意味ですか?
「越したことない」を辞書で検索すると
「 (「…にこしたことはない」のように打消しの表現を伴って)…するのがいちばんよい。「早いに―・したことはない」
と書いてありました。
私の感覚では「一番よい」じゃなくて「しないよりはするほうがいい」と認識していたのですが。
皆様はどんな風に考えていらっしゃるのですか?
ぜひ教えてください。お願いいたします。^^

閲覧数:
66,364
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kir********さん

2009/7/422:48:13

「~に越したことはない」
= ~が理想的である(≒一番よい)という意味です。
「理想的」ということは、つまり現実的ではない、という
ことでもありますので、
「~が理想的ではあるが、現実としては
そこまではできなくてもよい。しかし、
~をめざすような心がけが望ましい」 というニュアンスで
使われます。

したがって、「~しないよりは~するほうがいい」
という意味とは少しちがいます。
「~しないよりは」ではなくて、「できれば~がいちばんよい」
のです。

質問した人からのコメント

2009/7/11 21:34:11

できれば~が一番よい」というニュアンスだったのですね。
大変参考になりました。ありがとうございました。^^

「早いに越したこと」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fqx********さん

2009/7/414:49:33

考えられる状態のうち一番良いという意味ですね。
他の状態でも特に問題ではないけれど、そうなるのが一番良いって事です。

「お互いに嫌悪しながら相手の足を引っ張りながら仕事をする」
「お互いに無関心で単に自分の分の仕事だけをこなす」
「お互いに仲良く、何でも協力し合って仕事をする」
そういった諸々の中で、仲良く仕事をするのが一番良いって事ですね。
「仲良く仕事をするに越した事はないのだか、それができないならせめて~」 みたいな?

「本来ならそうするに越した事はないのだが、現状では必ずしもそうではない」という場合、
「越した事はない」がかかっているのは「本来なら」だけです。
「本来であればそれが最善なのだ」って事です。
「現状も含めてそれに越した事はない」という意味にはなりません。

sa3********さん

2009/7/413:38:36

した方が一番よいのだけど、そうとも言えない理由もある場合に使用するのでは?
「転職するに越した事ないが…この不景気に新しい仕事が見つかるかな」
って感じの場合。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる