ここから本文です

1968年には、『ポリス・ギャゼット』紙が「ヒトラーがアルゼンチンで生きている!」

won********さん

2009/7/502:10:14

1968年には、『ポリス・ギャゼット』紙が「ヒトラーがアルゼンチンで生きている!」

というセンセーショナルなタイトルの記事を報じた。
ジョージ・マッグラスの署名記事によると、ヒトラーは飛行機でベルリンを脱出したあと、あらかじめ用意してあっ ...

「世界最大の反ユダヤ主義者であるヒトラーが、
じつはユダヤ人の血をもっているかもしれないという疑いを持ったとき、
ヒトラーの反ユダヤ主義は狂気そのものとなった」とか、
「ナチスの反ユダヤ主義政策が常軌を逸してしまった原因は、
まさにこのゆえであった」という説がまことしやかに主張されている。

手塚治虫の作品『アドルフに告ぐ』(講談社)も、
ヒトラーが実はユダヤ人だったということを題材にしていることで知られている。

手塚治虫の『アドルフに告ぐ』は、時代に翻弄される3人のアドルフの物語である。
まだ読んでない方は、ぜひ読んでみて欲しい。間違いなく名作だと思う。


●このように、ヒトラーの側近ハンス・フランクによって広められた話は、
かなり信憑性に欠けるものであることがわかる。

しかし、ヒトラーの父が私生児であることには変わりなく、
ヒトラーの真の祖父をめぐって様々な謎が残されていることも事実である。
(一説には、ヒトラーの父はロスチャイルド家の私生児だったと言われている)。
※ 私生児【法】旧民法で、法律上夫婦でない男女間に生まれた子供。
庶子(shosi)(正妻でない女から生まれた子)に対して、父が認知しない子。
父無子(tetenasigo)。cf.嫡子(chakusi)本妻の子で家を継ぐ者。

ヒトラー,私生児,アドルフ,tetenasigo,父無子,反ユダヤ発言,側近

閲覧数:
477
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tou********さん

2009/7/1122:29:00

で、質問はなに??? ヒトラーの「テーブルトーク」では、彼自身、側近の露骨な反ユダヤ発言を嫌がっている。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる