ここから本文です

FXにおける買いスワップと売りスワップの絶対値の隔たりについて

act********さん

2009/7/522:29:12

FXにおける買いスワップと売りスワップの絶対値の隔たりについて

スワップポイントは、売り買いした通貨ペアの金利差です。現在円より金利が低いメジャー通貨はないので、FX(円ペア)では、外貨の買いポジションを取るとスワップが得られ、外貨の売りポジションを取るとスワップを支払うのが通常です。

ところが、悪質でないFX業者(証券会社等)の中に、買いで顧客に支払うスワップはわずかなのに、売りで顧客から徴収するスワップは多いという業者がいます。例えば、ドル円で買いだと+1、売りだと-3といった感じです。

これは業者が顧客の損失の元に利得することになり、業者と顧客の利益相反関係を生じて問題なのではないでしょうか?

金利差というスワップの性質上、スワップの値は日々変動するものであり、定期預金の金利のようにスワップを明示された顧客が同意してから取引するというのは無理があります。にもかかわらずスワップが業者の完全に自由という現在の店頭FXでは、上記のように業者がスワップを操作して稼ぐということが可能になってしまっています。そしてそのような操作が行われると、顧客は不当に害されてしまいます。

最近FXを当局が規制しようという動きが顕著ですが、最優先されるべきは業者と顧客の間に利益相反を生じさせないこと、言い換えれば業者が顧客の損失の元に利得しないようにすることであり、そのために必要な規制の1つとして、「買いスワップと売りスワップの絶対値の比率を一定以内(例:2対3以内)とすること」という規制が必要なのではないでしょうか?

補足>>売りスワップ=海外利子+日本円利子売りとなるので売りスワップのほうが大きくなるのは当たり前です。

くりっく365では、売りスワップと買いスワップの絶対値が常に等しくなっています。

投資家がレバで「借りている」分の利子については、スプレッドや手数料で賄えばよい話ではないでしょうか。

閲覧数:
1,012
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ora********さん

編集あり2009/7/600:29:39

FXはレバ100倍の場合、証拠金の100倍に相当する金額を借りているため
その時点で利子が生じます。

だから、買いスワップ=海外利子-日本円利子となるけれど
売りスワップ=海外利子+日本円利子売りとなるので
売りスワップのほうが大きくなるのは当たり前です。

また、スワップが日々変動するものであるのと同じように
日本円利子も変動的であるため
買いスワップと売りスワップの絶対値の比率を一定以内にするというのは
かなりゆるい基準にして、ある一定期間ごとに見直さないと
運用は難しいと思います。

追記
「借りている」分の利子については、スプレッドや手数料で賄えばよい
まあ、そうかもしれませんが
スワップを一定比率に入れる代わりに
スプレッドや手数料で暴利を取られるようであれば、意味が有りませんけれど…

少なくとも、、「買いスワップと売りスワップの絶対値の比率…」
というのは私は必要ないと考えます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gan********さん

2009/7/600:49:44

そのとおりだと思います。スワップの性質から考えれば、くりっく365のように、買いスワップと売りスワップの絶対値を等しくする規制すら、ありだと思います。

スプレッドや手数料は、(原則として)事前に提示されています。だからそこから業者がいかに稼ごうとも、問題ないと思います。しかしスワップはおっしゃるとおり、性質上事前の提示が不可能で、投資家にとっては後出しになります。後出しで、投資家が不利益を業者が利益を出すというのはマズいと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる