ここから本文です

猪木とウィリーウィリアムスの試合はガチンコだったのですかね?猪木は額や脇をや...

ama********さん

2009/7/720:41:19

猪木とウィリーウィリアムスの試合はガチンコだったのですかね?猪木は額や脇をやられウィリアムスは腕を痛めましたが

閲覧数:
12,374
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

not********さん

2009/7/720:53:16

プロレスです・・・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

his********さん

2009/7/1023:02:31

ウイリーは、猪木戦の前に巨大な灰色熊(グリズリー)と戦っています。
http://www.youtube.com/watch?v=wCZGbUkabd4
この映像を1970年代後半の10代の頃に見た時には、グリズリーとのガチンコだと思っていました。しかし、冷静に見てみると、熊は明らかに単にじゃれているだけだし、ウイリーも、熊を本気にさせないように力の入っていない突きと蹴りです。サーカスの大人しい熊だそうです。
ただ、そんな大人しい熊とのじゃれ合いでも、模擬格闘までするのは勇気の要ることだと思います。熊は一瞬で野生の本能を目覚めさせる場合があるからです。
猪木対ウイリー戦です。明らかに猪木が遊んでいます。Fakeです。
http://www.youtube.com/watch?v=Qj_ZZ08yMxM&feature=related

tes********さん

編集あり2009/7/921:42:22

当初は黒崎が眠り、藤原が笑うほど弱かった熊殺しウイリーが、鬼の黒崎の指導で第二回世界大会で強くなりすぎていたため、猪木が「こんな危険な相手との真剣勝負なんて通常のプロレス興行の間に入れられない」と難色を示し、プロレスチックにやることになりました。
猪木の怪我は乱入極真軍団によるガチの怪我です。ウイリーの肘は演技です。添野や真樹などの武道家もプロレスとは見抜けませんでした。真樹はウイリーが負傷した筈の手にトランクを持っているのを空港で見て、初めて八百長と知り、その夜ヤケ酒を飲んだそうです。
もしガチでやっていたら?猪木は「その気になれば大人と子どもでした。敵には巨大組織が背後にあったので引き分けにした」、「モンスターマンよりかなり下」と言ってます。
黒崎も「猪木の楽勝」と見ています。大観衆、興奮した場内にアマチュアのウイリーは完全にビビッていた。緊張のあまり練習の成果など何も出せないまま猪木にやられていたろう。ウイリーが勝つには山の中で観客不在で戦うしかなかったそうです。梶原は「自分がビビッてシナリオ作らせたくせによく言うよ」と猪木のウイリー評には納得していませんが、黒崎の分析には頷いています。

han********さん

2009/7/823:17:08

全然ガチンコじゃないです。ガチンコっぽく見せただけです。ただ空手の関係者(門下生)はガチだと思っていた人多いみたいです。

ueo********さん

2009/7/722:54:19

結果自体は、周りの関係者の方が収集つかなくなったので
そういう事で終わらせました。

猪木のリアルファイトは、アリ戦、ペールワン戦、パク・
ソンナン戦と言われています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる