ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

>> 「円に信用が無くなった」 ソ連時代に(今でも)、ソ連に行った人の話では、 通貨交換所で、少しの円を出したら、札束のルーブルが返ってきてビックリした、 と言っていました。

その他の回答(7件)

そうです。 コロナのせいで工場が止まって物不足、コロナのせいで船や飛行機が動かなくて物不足が世界中で起こって世界中で物価が上がる。 そこにさらに世界中の国々がコロナ対策で国民に金をバラ蒔いたので物価が上がる。 更にコロナ対策が緩和されて世界中で人が動き出したのでモノがないのに人が買い物しまくってさらに物価が上がる。 という悪循環が生まれて世界中がハイパーインフレ寸前の物価高騰に襲われて、その余波で日本の物価もちょっと上がりました。

コロナで、工場の稼働が止まったけど、今は関係ないでしょ?だから一部を除いてコロナのせいではない。マスクや風邪薬は高くなったけど、それも一時的だったしね。 原因は、国内の場合、 ・円安 ・ロシアとウクライナの戦争で資材や原材料費が上昇 ・ガソリン価格の上昇 ・世界の賃金上昇による物価上昇の影響 などが言えるね。

コロナはキッカケと物価高の加速の一因だと思います。 コロナが無くとも遅かれ早かれ物価高になっていたと思います。 日本は少子高齢化で生産年齢人口が減少して人手不足。 人手不足で雇用の取り合いとなれば、 下がりにくい「賃金と言う物価」が上がります。 今は賃金と言う物価が上がり出したので、 不況になり人手不足が解消されなければ、 物価高は暫く続くと思ってます。

元々物価の上昇は経済発展と共に緩やかに上がっていくものです 急激に上がったように感じるのはウクライナ+ロシアが一番だと思います 多少の変化はどうにか納めていても戦争が関わる変化(原油価格高騰とか)では各企業は普通に値上げしても文句は言われないので普通にします コロナは関係ないですし、終わった今海外からの旅行者が増えれば日本の経済も上向きになる可能性はあります

政府と日銀によるインフレ推進政策のおかげです。