ここから本文です

ドクターの方よろしくお願いします。 拡張型心筋症の場合、バチスタやオーバーラ...

chi********さん

2009/7/2401:05:47

ドクターの方よろしくお願いします。
拡張型心筋症の場合、バチスタやオーバーラッピングなどの手術方がありますが、 アイゼンメンジャーの場合なぜ手術適応が少ないのですか?
VSDでは肺/体血流比1.5以上が手術適応となりますが、アイゼンメンジャーでは肺高血圧になるのでそれ以下ということですよね…。
その場合何故ダメなのかもさっぱりわかりません。
解答お願いしますm(._.)m

閲覧数:
1,224
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bon********さん

2009/7/2402:06:04

アイゼンメンジャー症候群では肺高血圧のため肺/体血流比は1.0以下になります。
肺高血圧というのは非常に予後の悪い状態で右心不全から死に至ります。

VSDやASDで欠損孔がある人では最初は左→右シャントになって肺血流が増えますが、アイゼンメンジャー化すると肺血圧が体血圧を上回るので右→左シャントになり、酸素化されていない血液が全身に回るためチアノーゼが出てきます。この状態で欠損孔を閉じてしまうと、右→左シャントを介して流れていた血液の逃げ道がなくなり、急速に右心不全が進行して死に至ります。
従って手術をすると恐らく、手術中もしくは直後に亡くなってしまいます。

現時点では有効な治療法は移植しかないのでアイゼンメンジャー化する前に手術をする必要があります。

質問した人からのコメント

2009/7/31 01:39:34

驚く そういうことですか!
ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる