同じものなのに、違う名称ってのは、どの業界でもあるあるでしょうか?

工学 | プログラミング95閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

確率統計分野は多いのかね。 同じ内容でも、どういう目的で、どういう重要度という点にフォーカスを当てると、それが違っていて、別の名前をつけるのかもですね。 ありがとうございました。

お礼日時:2023/12/3 10:16

その他の回答(3件)

商品名が一般名となったケースがあります。 ・ユンボとバックホウ ・ユニックと車載小型クレーン ・キャタピラーとクローラー ・ホチキスとステープラ― ・エスカレーターと階段式昇降機 ・エレクトーンと電子オルガン ・セスナと小型軽飛行機 ・ウォシュレットとシャワートイレ ・ポストイットと付箋 ・セロテープとセロハンテープ ・マジックインキと瞬間接着剤

>同じものなのに、違う名称ってのは、どの業界でもあるあるでしょうか? これは、あるあるですよ。 「のび太のママ」「のび太の母」「のび太のお袋」「のび太の母さん」... >みなさんはこういうのは、得意な方でしょうか? あまり得意ではないです。 話の流れから、その言葉の意味の解釈をしているつもりですが、たまに解釈を間違えたりもします。

>バンドエイドとは?とか 次の物って、何? ①紙を綴じるときにコの字型の針をパチンと打つ文房具。 ②戦車とかブルドーザーの、地面に接するところがベルト状の移動機構。