ID非公開

2023/11/13 9:08

66回答

至急 私は10月の半ばから自動車の教習所に通っています。 実技の教程数としては、今月中に仮免を受けれる状態ですが、どうしてもキープレフト(左寄せ)が出来ません。 左折をしたときなどは特にそうです。

運転免許112閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

運転席からの見え方と実際の距離は運転しなくてもできます 乗る前に隣との距離を見て乗りこむ 隣の車とか壁とかの距離を見て、70cm有るな! 乗ってみて子の見え方で70cmか・・・ を繰り返す事で見え方と距離が分かるようになります

ThanksImg質問者からのお礼コメント

たくさんの人が回答をつけてくれましたが、「降りて目で確認する」という1番わかりやすい方法を教えてくれたのでベストアンサーに選ばせて頂きました。ありがとうございました

お礼日時:2023/12/6 20:59

その他の回答(5件)

そんなんじゃ狭い道で離合する時、どうするの? >左寄せにするコツなどはありますか? 左に寄せていると思ってる位置で降車して 実際の位置を確認してください。 左折時も同じです。 車からは、死角だらけなので 想像力でカバーするしかありません。 >できれば1発で取りたいです。 何度も受けたい人はいません。 まず、避けなければならないのは、事故です。 事故では、誰も幸せになりません。 その為に技量を身に着けなければならないのです。 金など二の次です。 ご安全に、頑張ってください。

自分の頭が道路(車線)の中央を通ると、ほぼキープレフトできてますよ。 一般の道路の場合、 最高速度を示す黄色い数字とか、交差点手前にある進行方向を示す矢印は車線の中央に標示されているので、その中央を自分の頭が通れば、車体は左に寄ります。 それでキープレフトになります。 ただ、教習所内のコースは狭いので、やや中央線よりに走らないと脱輪する可能性があります。 次の教習の時に、なるべく左端に寄ってみてください。 【その時に右側にどれだけ余裕があるかを確認してください。】 左に寄りすぎていれば、少しだけ中央に寄ってください。

自分1人でやってる気にならない方が良いですよ 失敗を恐れないでやって下さい失敗して分かる事も 有ります ヤバイ時は助手席のものが補助ハンや 補助ブレ使って危険回避もしますよ 故意で 無ければ何かあっても助手席の者の責任ですし

教習車は車は違えど同じ車を使うので、 サイドミラーのどの位置まで寄せるかを決めれば大丈夫です。 いつものシートポジションに合わせて、サイドのミラーの位置を調節する際にまず毎回同じ角度になるように調節します。 (例えばミラーの内側1/4は車体が見えて、外側3/4は後ろが見えるようにする等) ミラーの位置を調節したら、ミラーの半分の位置まで寄せるとかそういう決め方をするのがベストですかね。 どこの交差点の左折でも基本的に車体側には何の変化もないので、車体側(ミラー)でどこまで寄せるかを合わせればだいたい対応できます。

今月中に仮免を受けれる状態ですが、どうしてもキープレフト(左寄せ)が出来ません。 質問提示内容・画像添付・・・・・下記ご参考になれば 拡大可能

画像