回答受付が終了しました

東芝上場廃止 東芝の株を持ってる人はどうなりますか? 私は持ってませんが前に持ってるって自慢してる人がいたので

株式4,873閲覧

回答(2件)

令和5年11月22日の株主総会で株式併合議案が可決されたので、みずぽFGの手先のJIP日本産業パートナーズの手先のTBJH以外は端株主となって、そのうち端株売渡請求が届きますよ。 あとは端株主がどうするかです。 株式併合議案に反対し、株価決定の申立てをした人は、裁判所で売渡株価を決めてもらうことになり、そうでない人は併合前基準の株式数に応じた1株4620円が現金で支払われます。 あとは、株主代表訴訟をしている人は、株主であることを維持する必要があるので、この端株売渡請求の扱いが難しいですよね。 JIPの手先のTBJHが淡々と事務処理を進めて、最終的には裁判所の許可を経て端株買取を進めて行くと思われますが、元東芝役員への株主代表訴訟を潰すことを目的としていると、後が恐いですよね。 かつて、住専問題に関して銀行株主の株主代表訴訟が多発した時、裁判所は億単位の担保提供命令を連発して訴訟を潰し、さらには金融持株会社の設立によって銀行の株主でなくなったという理由を用いて却下判決を連発したことで、その後、某超大国からどれだけ厳しい報復措置を喰らって日本の国益を損ねたか。 その裁判所の論拠となったのが、ジュリストに掲載された元法務省民事局参事官で後に検事総長になった人の論文でしたからね。 さてと、元検事総長のみずぽFG社外取締役が裁判所に働きかけて、12月中に強引に決着させて代表訴訟を終結させるか、それとも代表訴訟確定時点で端株売渡の売買予約で株主の地位を保持させるか。 面倒な案件ですね。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう