夫が、転職した勤務先から初めての欧州へ単身出向予定です。 (妻と高校生の子供二人は日本に残留)

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ありがとうございます。 実は欧米への駐在経験があり、企業の規模・業界によって処遇の差がある事は理解していたつもりでしたが、あまりのショックで初のお知恵拝借でした。 他にも課題は山積です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさまこの度はご回答をありがとうございました。 今回のお知恵拝借で、我が家の経験と知識が間違ってないと確信と安心を致しました。 本人も今までの冷遇の全てを記しているようですので、 今後、夫が会社側とどのような着地点を見出してくれるか再転職も視野に入れて見守ります。 ありがとうございました。

お礼日時:2023/11/30 23:17

その他の回答(5件)

ID非公開

2023/11/24 20:46

欧州で月に7万円相当って 素晴らしい会社さんですね。 私は東南アジア在住ですが、そんな金額では生活できません。 倍あってもギリギリかな。 でも、赴任先での税金やアパート、光熱費、車代とかは会社持ちですか? 携帯代やアパートのインターネットも会社もちなんていうのもよくあります。 うちはさらにゴルフ場の会員権なんかも付きますけどね。 日本の給料は留守宅手当になるので、減額は仕方がないですね。 しかも非居住者なので税金は免除されますし。 普通は海外赴任者は夜遊びが過ぎない限りはお金に困るような給与にはしないと思いますけどね。

ご回答ありがとうございます。 お礼が遅れまして申しわけありません。 御社の待遇、ゴルフ場の会員権まで付くなんて素敵ですね。 休日の楽しみがあると仕事に対するモチベーションも上がりますよね。 当方は、居住待遇については今のところ不透明、且つ車は出社時のみ社有車の利用を許可させたものの、プライベート用の支給は無し。 現時点での赴任期間が1年更新らしく、一時帰国の権利もないらしいです。 何から何まで社員に不利な上限しかありませんので、こんな条件のまま出発はさせません。

何か、理解しがたい、投稿ですね。 =夫が、転職した勤務先から初めての欧州へ単身出向予定 (妻と高校生の子供二人は日本に残留) ある程度の、家族構成者の年齢、を考慮すれば、それはあるでしょう。 =会社側からの条件は、日本の給与が15万円下げられ、 現地給与は7万円相当が妥当などという耳を疑う提案。 はい、これは明白な、肩たたき、ですね。 すぐ、再転職先、を探された方がよいでしょう。 労基局などに話を持って行っても、時間がかかるだけですから。

ご回答ありがとうござます “肩たたき“なるほど もう笑うしかありませんね。 夫も従業員イジメとしか思えない!と 申しておりますので、転職も視野に入れて検討します。

まず、現地で生きていけない、ような給与設定をする会社があるとは思えません。その会社には他に出向者はいないのでしょうか?? その人達に聞いてみては? 現地給与、というのは誰が支払うもの、としてでしょうか?日本本社、だとすれば、残りは現地のオフィスが支払う額が別途あるのでは? また、給与以外の助成=家賃、カンパニー車、保険など は? より詳しいことを会社に聞いてみてください。 日本の給与ですが、ご主人がいなくなる分だけ給与が下がる、のは普通でしょう。15万マイナス、で”いくらになった”のかが書かれていないので、”生活できない”かどうかはわかりません。 ただ、お子さんも高校生なのですから、本当にお金が足らないのなら、あなたが働きに出てもいいのでは??

この返信は削除されました

日本の給与が15万円下げられても、現地給与は日本円で30万円程度出すのが平均的ではないでしょうか。役職にもよりますが。その会社めっちゃケチですね。

ご回答、ありがとうございます。 平均はやはりそうですよね。 役職は部長代行という自分が勤めていた企業では聞き馴染みのない役職についております。

<参考程度> (※)「欧州」ではない 私の周りの友人は、 「在籍出向」という前提ですが、 ・日本から支給される給与は今まで通り →「社会保険」等は、この給与額で算定される ・現地での支払い給与分が、「海外単身赴任手当」相当で、 多少の持ち出しがあるものの、生活が成り立つ。 →「現地での税制面」の詳細は説明を受けていないので、 「税制面」についてはよくわかりませんが。

早々のご回答ありがとうございました。 おっしゃる通りですよね。 豪遊でもしなければ、持ち出しも無く生活出来るのが海外赴任と認識しております。