家康に人気が無い理由とは? 「徳川家康は天下人になった割に人気が低いし、アンチが多い」と言う話は、ネットで良く見ますし、そっち統の動画も、動画サイトに結構、落ちてる様ですが…

補足

要するに… 三国志で言う所の『司馬懿仲達』とその末裔達と似た様な、嫌われ要素が満載だって所でしょうか。 そこにプラスアルファ、日本人独特の「判官びいき」が入ってるって所でしょうか。

日本史397閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

Q「要するに…三国志で言う所の『司馬懿仲達』とその末裔達と似た様な、嫌われ要素が満載だって所でしょうか。そこにプラスアルファ、日本人独特の「判官びいき」が入ってるって所でしょうか。」 そう思います。 また「織田信長」は「本能寺の変」において「非業の死」を遂げてその「嫌われ要素」が一部、浄化され人気があります。 次に「豊臣秀吉」は「一代で政権消滅」と「秀頼の非業の死」によって「嫌われ要素」が一部、浄化され人気があります。 織田政権、豊臣政権が長続きすれば信長も秀吉も散々だったでしょう。 この点「徳川家康」は天下を取った上に「徳川15代」を築き「天下泰平の世」まで創り上げた成功者のため浄化されず嫌われたままです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答者の方々、有難うございました。 色々な視点からの意見を聞けて、面白かったです。

お礼日時:2023/11/29 23:09

その他の回答(9件)

日本の歴史を担い、前進させた歴史上の有名人物は殆ど現在の感覚では許されざる者たちばかりです。ですから好き嫌いという観点では、その人物の功と罪・光と影の内の前者を中心に比べて判断するのが一般的だと思います。 その点で時代の流れを大きく転換させた渦の中心に近く、革新的な要素が強い華やかな人物や時代に子ども・大人一般がドラマ性を感じるのは仕方がないように思います。 観点が広がり、個々に興味が深まると人によってこだわりが違ってくるのも事実です。「長きに渡る太平の時代の礎を築いた」というのもそれで、家康評価の重要なポイントの一つです。 「パックス トクガワ―ナ(徳川の平和)」の礎を築いた彼の政治力が高く評価されています。家康が過去の治世を大いに研究していたことが知られ、彼は政務の実務に適した人物だったのでしょう。ただその観点からも光と影が存在しています。 人物の好き嫌い、興味を惹くというのはあくまで個人のこだわりによって変わるものでその程度のものと受け取ったらいいのではないでしょうか。

明治政府が自分達の正当性を広めるために前政権である江戸幕府の創始者家康を貶め、それに沿って物語が作られることが多かったかららしいです。 歴史上の人物へのイメージは歴史資料よりも物語に引っ張られますからね。 関ヶ原や大阪の陣にしても、 秀吉だって主家を乗っ取って信長の息子殺してます。家康と変わりません。むしろ、信長に重用されていたことを考慮すると家康よりひどい奴にも見えます。 戦国武将なんて人気のある武将でも現代の価値観から見たら全員やばいですし読者がドン引きする逸話がけっこうあります。作者が善人にしたければ弁護したり、その逸話を無視したりするでしょうし、悪人にしたければ貶します。 自分の読んだ物語でどう扱われているかによってイメージはいくらでも変わってしまうということなのだと思います。

本当に… 「サル! お前だって、運良く力を得たのを良い事に、恩人(信長)の忘れ形見を殺したり、改易したりと 他にも散々好き勝手やって来たんだから 俺(家康)が、政権安定の邪魔にしかならない、お前のガキを殺した事に文句を言われる筋合いは無いな」 と言われた所で、ぐうの音も出ないと、私は思います。

あまりにも腹黒いからです 政治家でいうなら小沢をイメージして下さい 平気で裏切りまくる、 やたら弱い→信玄に死ぬ直前までやられてる 信玄はただの通過地点扱いだったのでわざわざ弱い家康は眼中にもなかった 真田幸村に苦しめられている とにかく腹黒い。自分さえ良ければいい 列挙するとキリがないほど腹黒い そのため嫌われています 信玄から戦い方を学んでからは秀吉に実質勝っていますが、攻略させなかったため しかし同じ信玄の流れを組む真田にこれまたトラウマレベルでやられて外国に頼って大砲を山ほど用意させたほどです 別に三成でも平和な治世は出来たので、家康のおかげて平和な治世が保たれたは適応されません とにかくやり方が汚い 腹黒い。嘘ばかりつく。約束は守らない。 武士道のかけらも見られないためです

とても腹黒いのは否定出来ませんね。 ただ、所謂「三英傑」の他の二人に比べると、精神が安定してる様に見えます。 割と高名らしい歴史学教授が同サイトで、司会役に「三英傑に仕えるなら誰が良いですか?」と、聞かれていたのですが 「家康がまだ一番マシ 他の二人だと、まず命の心配をしなければならず、安心して仕事が出来ない 家康なら、余程の事が無ければ、殺される事は無い 他の二人が、あまりにも残酷・冷酷無比だ 自分の部下にさえ」 と、言っていました。 それを聞いて 「確かにそうだな」 と、私も思いました。

ネットだからでしょ。 経済雑誌なんかじゃ、よく一位になってきましたよ。 最終勝利者なので、年配者からの評価が高いのでしょう。

日本人は劇的、悲劇的な生涯を遂げた人物に好意を寄せる傾向が強く、最終的な勝者に魅力を感じない。何故か?島国という閉鎖社会において逃げ場が無い中、どの職においても勝者は一部の者だけで、殆んどの人はただ落ちていくだけ。そこで同じような悲劇を辿った歴史上の人物に自らをなぞらえて同化、好意を寄せる傾向が強い。一方、勝者に対しては自分とは反対の立場に立つ者として嫌悪感を持つ傾向が強いからだと思います。