最近OD関連のニュースを見ました。死に至ることもあるとのことですが、実際その薬はどこから手に入れているのですか?

病気、症状46閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一番最初に回答して下さったので選ばせて頂きます!!ありがとうございました。 他の皆様もありがとうございました!

お礼日時:2023/12/4 15:51

その他の回答(3件)

ID非公開

2023/11/26 15:59

入手場所については他の方が回答してるのでが省略 OD(服毒自殺以外の目的)でも臓器にダメージはいくので慣れた量でも急に死んじゃったり一生人工透析になる可能性もなくはないです 致死量が数百錠程度と低めのものならドラッグストアにも売ってます

ODする方は精神科や心療内科に通院している方が、思い余って…っていうケースが多いかと思うのですが、そういう場合は病院で処方されている薬だと思います。 向精神薬は処方できる日数などが限られていますので、普通に飲んでいればODできるほど手元に薬が余ることはないはずですが、病歴が長かったり、服薬がきちんと出来ていなかったりすると手元に残薬があって、何か辛いことがあった時に思わず…ということがあるのかと。 あとは、中高生などで病院で薬を手に入れるのが難しい年代は、市販の咳止めや風邪薬なんかをドラッグストアをハシゴして買っているというのを聞いたことがあります。

薬の過剰摂取全般オーバードーズというので、市販の風邪薬や痛み止め、咳止めでもそうだし、ネットでも買える。 親や自分に処方された薬の残りなどでする人もいますね