ヘルプマークを付けた人が優先席に座っていたら、杖を持った高齢者が「ここはおめさんの座るところじゃない」と言いがかりをつけ近くの人が注意したら、

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2023/12/3 13:47

その他の回答(6件)

騒ぐのは、優先席を『専用席』だと勘違いしている馬鹿どもです。 普通席と同じように利用し、優先すべき方が乗車した際に優先的に使用させるだけです。 よく電車やバスで「若者は立て」とか「健常者が座るな」と吠えてる老害や障害が居ますが、ただ日本語を知らず、モラルやマナーに欠ける短絡者に過ぎない。馬鹿は疲れます。

ヘルプマークの意味を理解できていないんでしょうね。 意味が分かっている人が見ていたら 「なにがわかればよしなんだか、あんたこそ 気をつけろよ」って、ため息をついてたんじゃ ないですか? それからベビーカーで階段を使うのは容易ではないし エスカレーターには乗れないですよね。

ヘルプマークを知らない。 もしくは ヘルプマークは誰でも貰える事を知っている。 の2択で正義感出しちゃったのかもしれないですね。 もちろん正しく使っている人が大半ですが 「誰でも貰える」事を悪用している人もいます。 随分とアグレッシブなご老人ですが 必要があって座っている人は言葉で伝えるよう努力しても良いかと思います。 ちなみに私は絡まれないよう、リュックからいつでも身体の手帳を出せるようにしています。 まぁズボンの裾上げれば義足である事は伝わりますが驚く人もいるので…。 自己防衛は今の世の中当然出来なければならないスキルかと思います。