東北地方には部落差別はないと聞きます。 なぜ無いか? どこら辺から北の地域が無いかの境界線も分かれば教えてください。

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧な回答をしていただきありがとうございました。大変納得出来る回答感謝いたします。

お礼日時:2023/12/1 18:38

その他の回答(5件)

北海道、沖縄以外は全国にある。水平社調べ。各地特有の呼称も多い。 江戸時代の最大集積地は浅草。大阪は規模相当に小さい。 天皇・神の隷属人が後の被差別人になった。水平社活動が奈良中心で行われたので誤解されるだけ。 部落、藤内、坂の民、在所etc各地特有の呼称があった。 竹田の子守唄は歌詞に在所が入り地元の抗議で放送禁止になった。

東北南部の出身ですが、「部落」の存在は聞いたことがありません。こういうことに目ざとい子供時代でそうなのですから、ほとんどなかったことは間違いないでしょう。私の聞いた限りでは東北の他の県出身者も異口同音にそう言ってました。ただ、誤解して欲しくないのは「部落=賤民の存在」ではないことです。 「部落」は長吏といわれる牛馬処理と皮革製造を行う業者の下に非人などの賤民を集めた集落のことで、これがないからといって穢多・非人という被差別民がいなかったということではありません。実際に江戸時代の東北各藩の住民調査の中でも穢多・非人は一定数存在しています。犯罪や浮浪などでこの身分に落とされた人はいたのです。違うのは、東北では長い間,死牛馬の処理は農民自らがやっており、皮革や武具製造は農家の副業として行われてきたからだと言われています。人口が希薄なので産業の分化が進まなかったことと、仏教普及が遅れ穢れの意識が余り広がらなかった、とか色々な理由があるのでしょう。まあ、要するに住民全体が貧しかったので差別しようがなかったというのが分かりやすい答えだと思いますけど。

新潟北限説があります。 ただしそれよりも北にも、いくらか、それらしき文化もあるという説もありますが、関西のような極端な文化はないとされます。 それから、全国各地をめぐる芸人を非人として低い身分とした例が各地にありましたが、この芸人の一派が東北のある地域に定住したので、そこを部落的にみるような例もあるそうです。

ないわけではないようですが、少なかったという研究はあります。 https://dl.ndl.go.jp/pid/979695/1/116 やはり、豊かな地域に多いようです。 飢饉などでたくさんの人が餓死する東北では、差別をするよりも、労働者としてともに農業を行うほうが合理的だったのでしょう。

東北育ちですが、 部落差別というのは教科書で習いましたね。 習って初めて知りました。 東北はまわりにも貧乏な人が結構多くて、そもそも皆大変ですし。 差別があるとしたら、障害者差別や外国人差別はありました。 でも部落差別というのはなかったです。