中国は一人っ子政策をやめたのに出生率がダダ落ちですが、このままいくと日本や韓国みたいに国力が落ちる可能性がありますか?それに引き換えアメリカは出生率高いですよね・・・

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(8件)

はい。完全に終わりです。 自業自得と言えますね。

欧米の出生数は移民による部分です。 よくフランスが改善成功と言われますが、マスコミ報道の偏向で実態は移民の子がいなければ、欧米では多い方でもやはり人口減につながるのが実態のようです。もちろんアメリカは言わずもがなです。 移民が一番多いカリフォルニア州では白人が他の人種数より少なくなっています。 https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/4d86cfc3a20bd7dbbd9dd7bf2eeb36f064d8d526 国民が豊かに暮らせるようになると、その子孫は生まれた時から自分のためにお金がかけられる人生を送り、色々な選択肢があり人生を楽しめますから、無理に子供持って育てようとまで思わない人が増えるのだと思います。 日本では江戸時代後期に少子化した時代があったと言われています。 (中盤以降に「江戸時代」の事が出ています) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%B0%91%E5%AD%90%E5%8C%96 今も昔も平和な時代の悩み事のようです。

可能性大きくある。 台湾侵攻ない根拠の一つ。 一人っ子政策以降の兵士が1人死ねば2人の親が露頭に迷う。 アメリカは中間層以上の人も2人以上の出生率ある。貧乏タレはもっと高いが能率給なので低賃金労働者確保出来るが、犯罪予防に金がかかる。 バランスと政策次第

国力は確実に下がってきてます。 バブル崩壊から失業率の爆上がりで懐に余裕無くなった庶民が増え続けてます。 だから余計に子供を英才教育しようと習い事ばかりさせて親はさらにキューキューになってきてます。 確かに北京郊外に住む一般世帯は子供の教育で夕方から深夜まで親子が走り回ってる姿がごく普通にありますから。 ワガママに育った小皇子や小皇女は世間の荒波で揉まれて歪みまくっていくので明るい未来はちょい見えないですね。

可能性はありますが、日本よりも政権の対応能力は高そうです。 アメリカも出生率は大幅に落ちています。 移民によって補っていますが、 その移民政策もドタバタ続きでどうなるか不明です。