障害年金の更新について 現在、精神障害者保健福祉手帳3級を持っており、先月障害基礎年金2級の支給決定通知がきました。 年金は、3年更新です。

補足

手帳と年金の制度が違うのは承知していますが、手帳が3級で基礎年金2級の更新をして年金をもらい続けることは不可能ですか? 分かりにくくて申し訳ありません。

年金 | 福祉、介護220閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

追記。 上に書いた内容は、「障害者手帳について」です。 上に書いた方法で更新したとしても、障害年金は止まりません。 障害年金が止まるのは、障害年金の診断書で級が落ちたときです。 障害基礎年金は2級までしかないので、3級になったら不支給です。 これも医師の診断書によります。

その他の回答(2件)

ID非公開

2023/11/29 14:19

精神障害者手帳の更新時にも障害年金証書のコピーを添付すれば、診断書の添付を省略することが出来ます。 「手帳の診断書を使って3級相当の診断書を書いてもらって年金の更新を迎えたら、年金は支給停止になりますか?」 障害年金の更新は事前に「障害状態確認届」(診断書)が誕生月の3カ月前の月末に日本年金機構より送付されます。 依って、手帳の診断書は利用しません。 年金の停止か継続かは専用の「障害状態確認届」により決定されます。 「年金証書等の写しによる精神障害者保健福祉手帳の障害等級の認定は、精神障害者保健福祉手帳制度実施要領の第2の3(3)のとおり、年金1級であれば手帳1級、年金2級であれば手帳2級、年金3級であれば手帳3級とする。」と「年金証書等の写しによる精神障害者保健福祉手帳の障害等級の認定事務について」の通達文書があります。 手帳が3級の場合年金証書が2級であれば手帳も2級となります。 https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb7244&dataType=1&pageNo=1 今後の為になるかは分かりませんが、3級にはならないと言う事です。

ID非公開

2023/11/29 14:57

「手帳が3級で基礎年金2級の更新をして年金をもらい続けることは不可能ですか?」 可能かどうかは、障害年金更新時に送られる「障害状態確認届」(診断書)を提出して、年金金機構の認定医が判断しますのでその診断書によります。 精神障害者保健福祉手帳3級であってもご認識の通り別の制度ですので障害年金は受給出来ます。 ただ3級に拘る理由は何ですか。

手帳更新時に障害基礎年金支給決定通知を添付すれば、手帳も2級になるのになぜに、手帳を3級のままとするのかが理解できないのですが、、 結論としては、手帳3級でも年金は止まりません。