回答受付が終了しました

ID非公開

2023/11/29 19:43

44回答

ドリーム燃料 もちろん、リッター14円で作れるなんて信用してませんが、おそらく、光触媒で炭化水素を作れるところまではホントじゃないかな?と思ってます。

化学4,748閲覧

回答(4件)

新たな反応経路を研究し、触媒の効果で効果的に酸化物を還元(二酸化炭素を炭化水素にすることもその一例)することは可能です。CO2→炭化水素が実現しているかは不確かだとしても技術的には可能な話でしょう。 ここからは私の憶測を含みますが、 問題はコストです。設備の設置・運営や反応を起こさせるにはエネルギーが必要です。その分のエネルギーを普通に利用したほうが、現段階ではリーズナブルなのでしょう。 ガスボンベ1本分生成するのにガスボンベ3本分のエネルギーを用いては元も子もないですからね

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

炭化水素を作れるところがウソのド真ん中ですよ 光触媒はインチキが簡単に見破られないようにする為の囮です 特殊な技術があるように見せかけて他者が真似出来ないと演出している。 おそらくカラクリは、 活性化水に含まれていたマイクロバブルが激しく撹拌する事で油に乗り移っただけの現象です。 マイクロバブルを含んだ油は嵩増しして増えたように見える

ENEOSなどでもCO₂から燃料を合成する製造装置の開発が行われています。 こちらは、必要なエネルギーを注入しているため、現時点では1L 700円ほどコストがかかるようです。 「真面目な」開発だと当然こうなりますね。 ドリーム燃料は「ドリーム」を語るだけの話ですから、話としてはいくらでもできます。

どうも怪しい匂いが.... 単なるエマルジョン燃料の変種じゃないかと思ってしまいます。 未だに実物が出てきませんし、、、モブジブ事件の二の前のような気がしてます。。。原理も不明で実際の物もない...出てきたと思ったらなんか怪しいし、、、最終的には延期延期で一向に出てくる気配がないし....