ID非公開

2023/11/30 1:45

44回答

あなたの人生の中で1番最高だったことと1番最悪だったこと教えてください。 長いエピソードも歓迎です!

恋愛相談、人間関係の悩み | 雑談60閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2023/12/4 15:56

その他の回答(3件)

70年振り返り、まず最悪は、18歳で大学入試、滑り止めしか受からなかった。 浪人せずそのまま入学。 思い返せば全敗より良かったかも。地方都市だったがその町でトップの私大だった。 最高だったことは、約30年後、その大学から論文博士号を受領した。 20代半ばでは、まさか将来文学博士が取れるとは思っていなかった。

おはようございます 1番最高だったことは、がんが完解したこと 手術が成功しても、余命3年と言われていました 手術して今年で22年です 7倍も生きることができました 1番最悪だったことは、両親の離婚 2人で決めて届けを出して それを知ったのは、取り消し出来ない期間を過ぎてからでした 相談はありませんでした 介護が必要な父を残し出て行きました

最高だったのは、高校に上がった直後に、それまでモテたことのなかった私が、複数の女子と交際するようになったところから始まります。 ただ、男子は私以外にもいたので、男女それぞれ数人同士で、グループ交際という形で付き合っていました。 女子たちは私に距離をどんどん詰めてくるので、自分がこれほど肯定的な受け止め方をされ続けたことに当惑し、同時に周りにここまで受け入れられた感覚が新鮮で、幸福感が止まらなかったです。 朝起きてから夜寝るまで、幸福感は間断なく続きました。 ふとしたはずみに涙が出ることもあったほど幸せでした。 本当に幸せだと、時間ってめちゃくちゃゆっくりに感じるんです。 一瞬一瞬を噛みしめるように過ごしていたからだと思います。 実際、何十回でも噛みしめる価値のある時間でした。 実は、中学までは、周りに嫌われていたんです。 多分、勉強だけできていたから、というのもあった気がします。 高校は進学校を選び、進学してみたら周りは勉強ができる前提だったことが、私も受け入れられる背景にあったのだと思います。 嫌われていたところから、突然受け入れられたというそのギャップが、高校生活スタートの頃の幸福感を後押ししていたのは間違いないですね。 ところが、高2に入ってすぐに、とても重いうつ状態が何か月も続きました。誰もなかなか私の異変に気づかず、高卒後の進路に休養という選択肢は与えられなかったので、無理して大学に進学しましたよ。 その大学の時に初めて、医師にうつ病と診断される機会が得られたんです。 高2から大学中退までの間ほど、つらいことはなかったです。 未遂も数回繰り返しましたが、高校の頃はあまりにもしんどくて、未遂さえできなかった。 それにしても、未遂、どれも際どかったなあ。よく無事に失敗してくれたと思っていますよ。 高校の3年間と少しの大学生活で、最高と最悪をどちらも経験することになったわけです。