回答受付が終了しました

至急です 問1 他者の理解、協働のための「コミュニケーション」について以下の問いに答えなさい。

宿題1,462閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

回答(1件)

以下ご自身の背景に乗っ取って修正を加えてください。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 問1: 他者の理解、協働のための「コミュニケーション」 私のコミュニケーションスタイルは、まず相手の意見や感情に注意を払い、適切な質問を通じて相手の視点を理解しようと心がけています。積極的なリスニングを通じて、相手が伝えたいことを引き出し、尊重しようとしています。また、非言語コミュニケーションや身振り手振りにも気を配り、相手が言葉にできないニュアンスや感情を読み取るように心がけています。 今後、人間関係をより円滑にするためには、さらにエンパシーを深め、異なるバックグラウンドや視点を尊重することが重要だと考えています。コミュニケーションにおいては、相手が自分と異なる意見や価値観を持っていることを理解し、それを受け入れる柔軟性が必要です。また、フィードバックを積極的に求め、自己改善の意欲を持つことも大切です。 さらに、コミュニケーションにおいては適切なタイミングと方法を考え、相手が快適に感じられるような雰囲気を作ることが欠かせません。これにより、信頼関係が築かれ、協力関係がより強化されるでしょう。 問2: 自己の認知と探求 Q1. やりたいことを見つけるために自己理解を深める必要があること(メリット) 自己理解を深めることは、やりたいことを見つける上で重要な役割を果たします。まず、自分の価値観や興味に気づくことで、それに基づいた目標を設定しやすくなります。自分が何を大切にし、どんな活動に喜びや充実感を感じるかを知ることで、より意味のある人生を築く手助けになります。 また、自分の強みや弱みを理解することも重要です。強みを活かすことで成功体験を得やすくなり、逆に弱みを理解することで克服策を見つけ出すことができます。自分を知ることは、適切な選択をする基準となり、自分にとって本当に意味のある方向へ進む手助けになります。 Q2. 自己の教科学習の特徴 これまでの教科学習を振り返ると、私の得手な教科は数学です。その他の科目も興味を持ちながら学んできました。数学では論理的思考や問題解決能力を発揮でき、これは他の科目にも応用できると感じています。一方で、得意な科目に比べて苦手意識を持っていた科目もあり、その中でも特に言語に関する教科には苦労しました。 Q3. 教科学習を進めることで楽しめる、理解を深めるもの 教科学習を進めることで、異なる科目間のつながりや相互補完性を見出せるようになります。例えば、歴史を学ぶことで文学作品の背後にある歴史的文脈を理解し、さらに数学を学ぶことでデータを解釈する力が養われます。科目間での統合的なアプローチにより、知識がより深化し、単なる情報の集積ではなく、総合的な理解が生まれます。 また、自らの興味を追求することで学習のモチベーションが向上し、より主体的に学ぶ姿勢が身につきます。教科学習はただ知識を得るだけでなく、それを実践や応用に結びつけることでより意味深いものとなります。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう