LANケーブル 今現在はカテゴリー6で使用中です。 スイッチングハブが古いのでアマゾンで買い換えようと適当にランキング上位をえらんでLANケーブルも買い換えようと見たら

インターネット接続 | LAN61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

まだまだ先ですね! ありがとうございました!

お礼日時:2023/12/1 17:04

その他の回答(2件)

LANケーブルのカテゴリは接続するLANインターフェースで決まります。 1000BASE-T(1Gbps)の接続であれば、Cat.5eで規格適合です。Cat.6でお使いということであれば既にオーバースペックな状態です。LANケーブル自体は単なる電線です。カテゴリが高いものを接続してもそこを流れるLANの信号自体は変わりませんので、速度アップするということは物理的にありません。 他の回答者さんからも指摘がありますが、STPケーブルのアースについては、浮いたアースでシールドに帯電した電荷が逃げれず、ある程度溜まったところで放電といったことでの障害原因ともなりかねません。このノイズは、外乱として外部から来るものというより、LANの通信で発生する信号自体で生じるものが大きいです。 シールドの主目的は、ペア間、LANケーブル間のクロストーク軽減でシールドによってカテゴリの規格内に収めるための仕掛けということです。 また、市販のCat.7,Cat.8は自称のいわゆるなんちゃって製品です。高いだけでご利益もありませんので、使わない方がよいでしょう。 LANインターフェースとカテゴリ

画像

カテゴリ8はSTPケーブルのみで、きちんとアースを取る必要があります。一般家庭ではノイズが問題と成る機械は殆ど無いのでSTPは無用です。なので、アーすの不要なUTPケーブルで良いので、お勧めは出来ません。