雲の仕組みについて、 学校では

地学36閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(2件)

前者の学校で習った事の方が正確ですね。 まず、 「エネルギーが何をしてるか?」を理解する事が必要です。 ここで言うエネルギーは、 熱エネルギーになります。 熱エネルギーは、 空気塊を膨張させようとします。 しかし、 地表(標高または、海抜の低い所)は、 空気の底になるので、 大気圏で最も高気圧になります。 高度(海抜、標高)が上昇すると、 空気の深度(深さ)が浅くなるので、 気圧は下がります。 これは、 水の深さと水圧の関係と同じなのでイメージの参考になると思います。 地上の空気は、 熱エネルギーが空気を膨張させようとしているのに、 地上大気の高圧を膨張させない、 均衡状態です。 この状態で、 地表が温められて、 温度が上昇すると、 温度が上昇した所の空気が膨張するので、 膨張した空気は密度が下がります。 密度が下がった空気塊は、 軽くなるので、 周りの重い空気に押し上げられ、 上昇気流になります。 高度(海抜、標高)が上昇すると気圧が下がるので、 熱エネルギーは、 空気を膨張させる事ができます。 なので、 地表から上昇した空気(塊)は、 膨張します。 熱エネルギーは、 高圧下で温度上昇に使用されますが、 低圧下では、 空気の膨張に使用されます。 なので、 上空の低圧下では、 温度(気温)が下がります。 気温が下がれば、 飽和水蒸気量が減って、 気温が露点に達します。 露点に達したら、 飽和水蒸気量以上の水蒸気は、 結露して雲になります。 以上が私の説明ですが、 質問内容の2つの文章と比べてみると、 質問内容の2つの文章それぞれの 説明不足が見えてくると思います。 質問には応じます。 長文で分かりにくい所などを指摘して下さい。

>空気塊が高いところで広がり この表現は変かな。 どこかまで上がると膨張するのではなく、上がりつつある間ずっと膨張し続けている。 境目があるわけじゃあないのよ。 なので、その日の気圧、気温、水蒸気量で雲の出来る高さが変わる。 もしも地上で雲ができたら、それは霧と呼ばれる(少し前に、東京が雲海みたいになったときはきれいだったなあ)。