海外サイトでデザインの販売をしているのですが、イギリスの会社から商標/著作権侵害で起訴するという旨のメールが届きました。

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

参考までに。 私は、外国の裁判所を通じて、訴えられたことと、逆に訴えたことがあります。 訴えられたのは、昔、カナダ(BC州)で交通事故を起こし、帰国後、その事で民事、刑事両面で訴えられたらしいのです。 カナダと日本では、司法制度や法律が全く違うので、届いた書面が何を意味するのかわからないものもありましたが、いずれにしても、(日本だといきなり訴状ですが)訴状の前段階のもの(?)が日本の裁判所を通じて、特別送達で届きました。 日付を見ると、発送から到着まで、何年もかかっていたようでした。 その他にも召喚状というのが、直接、カナダの裁判所から届きました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

実例を挙げて頂き大変丁寧な回答ありがとうございました。 大変参考になりました。 起訴自体は詐欺などではなく本物で、国際問題を取り扱う弁護士に相談中ですが、回答者様のご意見とさほど変わりはありません。 差し押さえられた販売サイトの収益を考えて、現在は和解を模索中です。 また近いうちに質問させて頂くことがあると思うのですが、よろしければまたご回答お願い致します。 ありがとうございました。

お礼日時:2023/12/9 16:36

その他の回答(1件)

メールでの送達が有効かどうかは、裁判が提起されたイギリス法の問題になるので、なんとも言えませんが、普通はメールでの送達だけで裁判が進むなどあり得ないと思います。現時点で和解案をちらつかせているかとからすると、本気で提訴までする気は無く、ビビらせてさっさと和解したいだけな気もします。もし本当に提訴されれば、おそらく正式な送達手続が行われることになるのではないかと思います。イギリスは裁判文書の国際送達に関する条約に加盟してますので、送達は条約に則った形で行われるのが正式な流れです。その場合、原告がイギリスの裁判所に送達を依頼→イギリスの裁判所が大使館経由で日本の裁判所に文書を送達→日本なら裁判所があなた宛に文章を送達、という形になります。ただ、送達だけで時間も月単位でかかりますし、正式な海外送達の場合、訴状や添付文書全てに日本語訳をつけなければならないなで、そこまでの時間と費用をかけて訴える気があるのか、かなり疑問ですね。 仮に、正式な送達なく、イギリスで裁判が進んで、あなたの敗訴になってしまえば、イギリスにある資産などは差し押さえられたりする可能性はありますね。イギリスに資産がなれけばあまり気にする必要はないです。一応、イギリスの判決を日本の裁判所に持ち込んで承認、日本で執行、という手続もありますが、正式な送達がされてない場合は、日本で外国判決が承認されることは無いので、安心してください。

と、まじめなら書きましたが、被告が200人いるとか、ハンドルネームであるとか、そういった事情からすると、まともな相手ではなく、和解金目当ての悪質な輩で、裁判するかなど無いのだと思います。無視で大丈夫ですよ。