1853年になぜペリーは日本へ来航したのですか? ヨーロッパで起こっている出来事にも触れながら説明して頂きたいです。

世界史26閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(1件)

詳細に回答します。 1853年、アメリカのコモドール・ペリーが日本に来航したのは、「開国」を求めるためでした。それまでの日本は鎖国策をとっており、西洋列強からは孤立していました。しかし、西洋諸国は新たな市場や補給地を求めて膨張していた状況であり、日本の位置は極東の自由な港として重要視されていました。 ヨーロッパを見ると、この頃は産業革命が進行し、フランス革命後のナポレオン戦争も終結し、新たな帝国主義の時代が始まっていました。新技術の発展で物質的な富が増え、新興国家も国力を増していき、各国は新たな植民地や交易路を求めて全世界へ広がっていきました。これにより、「開国」を決定した日本と西洋諸国との交流も盛んになりました。 ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

新機能

AI回答機能(GPT-4版)テスト実施中

詳しくはこちらから