ここから本文です

国際法、条約関係に詳しい方にお伺いいたします。

mas********さん

2009/8/1100:50:52

国際法、条約関係に詳しい方にお伺いいたします。

社民党がうるさく言ってるので、ちょっと気になって調べてみましたが。
なぜ、日米安保に則って、日米地位協定が結ばれているのですか?

国際政治には疎いものですので、すいませんが。

日米安保までは、なんとなく理解できるのですよ。でも、「地位協定」って、なんのためにあるのですか?
条文をさっと読んだだけですが、どうも、「合同委員会」とか「両(日米)政府間」だとかの文言が多く、それってほとんどすべて米国主導で決定されてませんか?

嘉手納基地の移転問題にしても、結局、日本政府が費用を負担してるんですよね?これって、地位協定違反じゃないですか。

結局、治外法権じゃないですか。
それって、戦後の植民地支配と変わらない「地位」を確定しているように思うのですが。

私は、社民支持ではありませんし、共産支持でもありません。ただの無党派層です。ただ、漠然と思ったのですよ。
「日米地位協定」おかしくないですか?

日米安保までなら、なんとなくNATO的発想でクリアできそうですが。。。

純粋に国際政治学的、国際法的なご回答お願い致します。主義、主観は出来るだけ排除して下さい。歴史観も含めてご回答頂ければ幸いです。

日米地位協定全文↓
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/sfa/pdfs/fulltext.pdf
社民党のご意見↓
http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/secure/secure0803.htm


宜しくお願い致します。

閲覧数:
368
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sur********さん

2009/8/1121:33:02

1949年の5月に吉田茂首相が池田勇人外相と宮沢喜一秘書官をアメリカに密使として送り、2日か3日のことですが、日本が在日米軍基地の維持を負担することを条件として日米単独講和の締結を提案しました。

そんなわけですから地位協定はアメリカから治外法権のように押しつけられたものではなく、吉田政権から単独講和(独立)の条件として提示したものです。

その3月にはドッジラインが成立しています。アメリカは第2次大戦に続く朝鮮戦争で経済的にも疲弊しており、日本への経済援助を打ち切る(竹馬経済)代わりに1ドル360円の有利な固定相場を認めました。その一方で日本は朝鮮特需に沸いていたのですから皮肉なものです。そうした背景で日本が米軍基地を維持し、代わりに単独講和と安全保障条約によって日米の絆を深めることで早期独立を目指したのです。白洲次郎の献策だとも言われますが、明確な根拠は知りません。

現実として、それによって早期独立を得たことは事実です。

質問した人からのコメント

2009/8/14 14:33:54

降参 なるほどぉ。そうだったんですか。勉強になりしました。ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる