ここから本文です

電圧降下と過電流について

tan********さん

2009/8/2609:21:56

電圧降下と過電流について

HITACHIのオイルフリーのコンプレッサーを使っておりますが、
時々、サーマルプロテクタが作動し、止まってしまいます。
復帰ボタンを押せばすぐ復帰するので使用にはあまり困ることはないのですが。

取扱説明書を見ると、元電源の電圧が降下すると過電流になりサーマルが働きますとの記載がありますが、
電圧が下がるのに電流が流れ過ぎる?というイメージがつかめません。
もともと過電流という言葉のイメージを電気が流れ過ぎているということ自体が間違っているのでしょうか?


電気には詳しくないので、どなたか分かりやすいイメージで
電圧降下による過電流について教えていただけないでしょうか?
電源は家庭用のコンセントを使用しており、コンプレッサーは単相100vとの記載です。

閲覧数:
9,672
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nura-rihyonさん

2009/8/2616:34:05

よく使われている交流用のモータ(誘導電動機)では、電圧が下がっても回転数はあまり変わらず、同じだけの動力を出そうとします
その結果、低い電圧で運転すると、動力を同じだけ出そうとして電流が増える、ということも起きたりします
(状況としては、先の回答にあるインバータ負荷と同様(電圧が下がっても同じ電力を出そうとする)の状況)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

god********さん

2009/8/2722:27:00

川でたとえます。

電圧は川幅、
電流は川を流れている水の速度(流量)と考えてください。

川下で使用する水の量は同じで、川幅が狭くなれば流れる水の速度を早くしないと追っつきませんよね。
逆に川幅が広ければ、流れる速度がゆっくりでも、充分な水は確保できます。

それと同じで、
同じ消費電力なら、川幅が200Vと広ければ、電気もゆっくり流れればいいのです。
100Vと狭ければ、電気を早く早く流してやらんといけません。

kieros2005さん

2009/8/2611:45:26

たぶんインバータを内部電源として使っているためでと思われます。家電製品もインバータ内臓が多いのですが、このタイプでは出力を確保するために、一時側電源電圧が下がっても電流を多く吸い込んで仕事に必要な入力電力を確保するように回路で自動制御が働きます。そのため低電圧駆動すると過電流になるのです。

余談ながら、昔の単純な家電品は電圧が下がると電流も下がってパワーがなくなり「へなへな」となったものですが、現在は自分だけは必要電力をラインからむしりとります。このエゴイズムが社会的問題を引き起こしています。各家庭でいっせいにエアコンを使うと変電所がダウンしてしまうことがありました。さらに、電源波形の一部だけを強引に毟り取る形で使うため、電源波形がさらに歪むという現象が起きています。現在の力率低下問題はここから発生しているのです。

電圧降下と過電流の問題は技術革新がもたらした現代社会の問題でもあります。

unc********さん

2009/8/2609:37:11

コンプレッサーの性能、または電圧が下がった状態で
通常の負荷を掛けると過負荷(過電流)になることになります。

ようは、コンプレッサーを動かす容量が足らない分、
電流を多く流してしまう的な?感じです。

サーマルプロテクタでトリップ値を可変できませんか?
出来たら、トリップ値を上げればいいと思います。
ただし、あまり過負荷が大きいとブレーカーが落ちるかもしれないので
注意して下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる