ここから本文です

仏壇の基本の拝み方を教えてください。

gug********さん

2009/9/118:12:40

仏壇の基本の拝み方を教えてください。

リンを鳴らす、線香をあげる、蝋燭をともす、などの順番を教えてください。

また、リンは何回鳴らすのがいいのでしょうか? 線香は何本立てるのがいいのでしょうか?
そのほかにも何か知っていたほうがいい作法があれば教えてください。

宗派というのでしょうか? 浄土真宗、真言宗、日蓮宗 ・・・・・・などなど。
どの宗派と仏壇も拝み方は同じでいいのでしょうか?

補足皆さん大変ありがとうございます。
よそのお宅へ行き、仏壇を拝むときなど、宗派に関係なく、いつも自宅の仏壇を拝む要領で拝んでいました。
宗派によって違うとは、全然知らず勉強になりました!
でも、基本をはずさず、心をこめて拝めば大丈夫なんですね。
BAは投票とさせて頂きます。有難うございました(*^_^*)

閲覧数:
18,527
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kah********さん

編集あり2009/9/214:37:18

宗派でも違いますし、
地域によっても違う場合があります。

全国全宗派共通で唯一言えることは、
自分の前の人がやった通りにすれば無難である…ということですw

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「仏壇 拝み方」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wai********さん

2009/9/522:26:31

各宗派共通しているのは
①ロウソクに火をともす(灯供養)。
②線香をあげる(香供養)。
③リン(キン)を3回ならす(勧請)。
④手を合わせて「題目」もしくは「念仏」を唱えて供養する(正行)。
というのが、超略式の仏壇での供養の順番です。
各宗派で違うのは線香の本数やあげ方です。日蓮宗は1本または3本を立てます。浄土真宗はお西が2本(横)、東が3本など宗派で異なります。ただし、一番大切なのはちゃんと手を合わせて供養することでしょう。

zx6********さん

2009/9/200:47:15

浄土真宗の場合、蝋燭を灯し、香を供えて、合掌し「南無阿弥陀仏」と称名しながら礼拝します。

リンは読経以外では鳴らしません。
香は何本でもかまいませんが、ほどよく香り煙たくならない程度の量を香炉に入る長さに折り、横に寝かせて使います。

真宗では、リンを鏧(キン)といい、読経の音程やスピードなど調子をとる仏具として使い、仏さまを呼びつけるような呼び鈴として使うことはありません。

kat********さん

編集あり2009/9/121:58:58

宗派により違いがあると思います。

私は創価学会なので、創価学会の制定された勤行要典に決められた方法で、リンを打ち、経典を読誦しています。

線香は一本を立てるのではなく寝かせます。ロウソクは使用しません。灯りを供養する意味だと思うので、電灯の灯りで代用しています。
ロウソクを使用していた時もありますが、消した時や風があるときは、煙が出たり煤が出ます。仏壇や部屋が煤けたら困りますから。
仏前には生花ではなく、シキミを供えます。造花のもあるようですが、私が家を新築した時、庭に植えた根付きのシキミが、今では大きな木に成長したので、その枝を切っています。近所の人にも差し上げています。

そういうことですから、各宗派により違いがあると思います。
あなたの信じている宗派の方に聞くのがいいでしょう。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる