ここから本文です

イラン、イラク戦争の時、トルコの民間機が日本人救出のために戦火をくぐったこと...

アバター

ID非公開さん

2005/2/1811:18:28

イラン、イラク戦争の時、トルコの民間機が日本人救出のために戦火をくぐったことがあると聞きました。
日本政府の要請によるものだったのでしょうか?
なぜ、民間機が?
詳しいいきさつを教えてください?

閲覧数:
1,421
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2005/2/1811:46:38

恩返しらしいです。

1985年03月17日イラクが「今から48時間後にイラクの上空を飛ぶ飛行機を打ち落とす」と世界に発信した。世界各国は自国民救出のため救援機を出したが、日本政府の決定が遅く邦人はどの飛行機にも乗れずパニックに陥った。

そこに1機のトルコ航空機が到着した。トルコ航空機は日本人216名全員を乗せ成田に向かった。リミットの1時間15分前であった。なぜトルコ航空機が来たのか日本政府もマスコミも知らなかった。この時元駐日トルコ大使は次のように語った。

「エルトゥール号の事故での日本人の献身的な救助活動をトルコ人は忘れていません。トルコではみなエルトゥール号の事を知っています。それで日本人を助けようとトルコ航空機が飛んだのです」

詳細は下記参照

http://sisikaikan.at.infoseek.co.jp/607hamo/turky.html

http://www.makuya.or.jp/teatime/douwa/ertug/ertugP1.htm

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2005/2/1813:57:39

よく聞く話ですが、何度聞いても涙がでます。
まさに、「情けは、ひとの為ならず」ですね。
先人のかけた情けが、巡り巡って現代の日本人を助けたのですね。
トルコの人だから、助けてくれたのです。
あの国や、あの国だったら助けてくれなかったかも。

アバター

ID非公開さん

編集あり2005/2/1813:07:01

11831844さんの話の通りです。

当時、日本政府としては手も足も出せない状態で
もちろん日本の航空会社は救助を
「危険なので」という理由で
断ったそうです。

現地に取り残されていたのが、商社の方々がほとんどで

伊藤忠のある役員が当時のトルコ大統領と顔見知りで
その彼がトルコ大統領に相談したそうです。

そして、大統領がトルコ航空に打診して
救助に向かわせたそうです。

なので、日本政府は何もしてくれなかったけど
民間の方と、トルコ政府の好意だったんですね。

アバター

ID非公開さん

2005/2/1812:31:48

明治時代に日本近海でトルコの船が難破した時に
日本人が必死で助けた
(1890年エルトゥールル号遭難事件)
さらに義捐金まで集めて届けた
届けた人は向こうで日本とトルコの友好に尽力した(山田寅次郎)
その時の教え子の1人が
後にトルコ民主化の父とされ
絶大な尊敬を集めている(アタチュルク)
感謝のあまり未だに教科書に載っている
だから日本人が困ってた時に助けようと動いてくれた

まさに恩に恩で報いてくれた話ですよね
後、トルコはロシアに圧力受け続けた歴史があるので
日露戦争でロシアを破ったのを喜んで
その時日本名に改名した人も少なからず居たとか
純粋に親日派なんでしょうね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる