ここから本文です

実印というものと 銀行印というものの違いについて教えていただけますか? 私...

mah********さん

2009/10/518:39:05

実印というものと
銀行印というものの違いについて教えていただけますか?

私は20代の独身女性ですが、大学を卒業して社会人になったときに、 一応銀行印を作っていました。
最近になって親から
「実印を持っていた方がいいし印鑑登録しておいた方がいい」とアドバイスされたのですが。

実印というのはどういう時に必要になるのでしょうか?また銀行印とは用途が違いますか?

どなたか教えて頂ければ有難いです。宜しくお願い致します!

閲覧数:
386
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jak********さん

2009/10/519:36:11

銀行印は名前の通り銀行に届け出た印鑑というだけで、特別な物ではありません。
用途は通帳で下ろすときに銀行印が必要で、銀行以外では使いません。

実印は役所に登録する印鑑で、印鑑証明があって初めて実印となります。
登録してある実印だけでは意味を成さない物です。
用途は様々な契約の時に必要になってきます。

どちらも印鑑と言う点では全く同じで、どこに登録してあるかの違い。

質問した人からのコメント

2009/10/7 22:33:20

どうもありがとうございます!登録のある・なしですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mco********さん

2009/10/519:37:58

銀行印とは、預金口座を開設する際に届け出た印鑑のことをいい、その印鑑を所持する人が口座名義人に間違いないことを証明する目的があります。
主に預金払戻の際に必要になります。

一方、実印とは、住民登録のある自治体等に登録した印鑑のことをいい、個人の場合登録は任意です。
登録すると、その印鑑が届出人の印鑑に間違いない旨の公的証明書を発行してもらえるので、重要な契約(不動産売買や連帯保証など)の際に求められます。

いずれも、市販の『実印』『銀行印』でなければならないという決まりはありません。

seh********さん

編集あり2009/10/519:26:40

お役所に登録し、お役所が発行する「印鑑証明書」によって、お役所が本人の印鑑であることを証明してくれるハンコが実印。

銀行に登録し、銀行が手続きの時に依頼者が口座名義人本人であることを確認するためのハンコが銀行印。

どちらも自分が届けるわけだから、ゴム印でなければ別に三文判でも何でも構いません。
ただ、三文判は同じような印影で大量生産されているので、問題を回避するために普通はオーダーメイドのハンコを届けます。
もちろん、実印と銀行印が同じハンコであっても構いません。

実印が必要になるのは、一部の契約書とか法務局への申請などで、もっとも身近だと思われるものは借金とか不動産登記などでしょう。

実印を作るにあたって、独身女性が一番困るのは、婚姻により姓が変わってしまうことです。
姓を彫らずに名前だけのハンコを登録するこで対応されている方も大勢いらっしゃいますが、身分証明さえできれば印鑑登録はすぐできます。
印鑑のオーダーメイドには少し時間が要りますが、当面差し迫った借金や不動産購入、遺産相続などに縁がなければ、必要になりそうになってから考えても間に合うんじゃないですか。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる