ここから本文です

FETのドレインとソースを逆に繋いでも動作するのは何故でしょうか。

skm********さん

2009/10/714:22:48

FETのドレインとソースを逆に繋いでも動作するのは何故でしょうか。

FETのソースとドレインが片方逆に接続されている差動増幅回路を見ました。
間違えかと思いましたが、とりあえずはその通りに製作してみると問題なく動作しました。
何故問題なく動作するのでしょうか。
石の中身には詳しくないもので。

また、使ったのは、2SK170ですが他のFETでも同じようにできるのでしょうか。
これは他のトランジスタでもできるのでしょうか。

できるなら、接着して熱結合したトランジスタの配線が楽になると考えて質問しました。

閲覧数:
6,851
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mok********さん

2009/10/715:04:21

基本的にFETのドレインとソースは
その構造が全く同じだからです。

2SK170はnチャネルのFETですので、
pnp接合され、ゲート直下にnチャネルが
形成される訳ですが、その両側のp型半導体
と配線については、基本的に同じ構造で、
どちら方向にでも電流は流れます。
便宜的に、電流の流れる方向に注目して、
nチャネルFETだと、電子がキャリアなので、
高電圧側の方をドレイン、低電圧側をソース
と名付けています。

CMOSと呼ばれる、NMOS,PMOSを相補的に
組み合われた素子では、電流方向は頻繁に
変わりますので、ドレイン、ソースは意識して
用いることは稀です。

でも、回路図に指示の有る通り、組み立てる様
にしましょう。ヒューマンエラーを防ぐ為にも。

質問した人からのコメント

2009/10/7 15:24:31

大変、勉強になりました。
適当に作ってしまおうかと思いましたが、やはり回路図に従おうと思います。
迅速な回答をありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる