ここから本文です

大量さつまいもの長期保存方法を教えて下さい。

nonpppppppppppさん

2009/10/1621:39:44

大量さつまいもの長期保存方法を教えて下さい。

大量さつまいもの長期保存方法を教えて下さい。
ネットで調べたところ、傷のついた物や、大きさによって保存方法が違うと知りました。

ネットの情報では、普通~大のおおきさのもので傷のあまりないものの長期保存の方法です。
1.土を払い乾燥させる。
2.ダンボールに布(毛布)などえをしき、さらに新聞紙を底にしく。
3.一つずつ新聞紙でくるんださつまいもをいれ、また新聞紙をかけます
4.ふたをして完成。

自家栽培で狭い畑のわりに、沢山とれすぎてしましました。
傷のついたやつや、小さいものも大量にあります。

傷のついたやつや、小さいものを大量に長期保存する方法を知っている方がいらしゃいましたら
おしえてください。

閲覧数:
337,545
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mikenekobabaさん

2009/10/1701:37:27

サツマイモは、もともと亜熱帯の植物なので、2℃以下になると障害が発生して、ダメになってしまいます。
記入された方法で、大丈夫です。
しかし、それを保管する場所が重要です。
真冬の強い寒波でも、3℃以下にならない涼しい場所。
気温が上下しない場所。
適当な湿り気がある場所。
が理想です。
そんな場所を見つけて貯蔵します。
熊本県の主産地では、畑の脇に、深さ3m、広さ8畳くらい貯蔵庫(穴)で4月まで貯蔵し、その後は冷蔵庫で保管します。
昔の農家では、居間の床下に、穴を掘り、もみ殻や稲ワラを使って貯蔵していました。
「ご参考のサイト」
↓日本いも類研究会>おいもQ&A>おいもmini白書>Ⅲ栽培技術>プロの作り方>貯蔵
http://www.jrt.gr.jp/q&a/index.html

「さつまいも 保存方法」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shin_san1944さん

2009/10/1900:18:24

サツマイモは収穫後も生きて熟成しています。
収穫から3カ月たったころが一番おいしくなる時期、ちょうど石焼き芋の季節に当たります。
10度以上なら内部で熟成しますが、氷点下になると細胞破壊をして腐ります。
極力4度以下に成らない用のに。
今なら、発砲スチロールか段ボールの箱にもみ殻を詰めて保管するのが一番ですが、
もみ柄が無ければ、一つずつ新聞紙でくるみ、さらに全体を新聞紙で囲って保温します。
温かい、直射日光の当たらない(温度差が大きくなる)所で保管して下さい。

2009/10/1621:57:37

屋根のある、涼しい場所に1m程度の穴を掘り、精米したあとの籾殻の中に保存するといいですよ。木のふたが必要です。温度を一定涼しさに保つためでしょうね。でも傷物は早目に食べたりしてね。小さくても皮がちゃんと付いていればOK。転用して、家の中の冷暗所でダンボールに新聞包みなどもいいでしょうね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。