ここから本文です

半導体でこんなに韓国に負けているのは半導体製造装置などのメーカーが半導体メー...

ずんどこべろんちょさん

2009/11/2315:29:29

半導体でこんなに韓国に負けているのは半導体製造装置などのメーカーが半導体メーカーなどと技術開発したノウハウを自分の半導体製造装置を買って貰うがためにこっそり教えているという風に本に書いてありましたが、

事実ですか?

閲覧数:
1,070
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

かおるさん

2009/11/2315:35:39

ほんとの事はわから無いよ裏は沢山在るだろうしどれがほんとだかわから無いよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hid********さん

2009/11/2317:57:13

元、装置メーカーの開発部の者です。

仰る話は聞いた事がありません。
どんな本に書いてるのでしょうか?


PS:
半導体工場が3Kとか・・・都市伝説ですよ。

クリーンルームなのに汚い?(もっとも清浄な職場の一つです)
ISO取得してるのに危険?(密閉空間と言う意味では危険です)
肉体労働でも無いのにキツイ?(今は、ほぼ自動化されてます)

少なくとも、3Kとは無縁の職場です。

of_********さん

2009/11/2316:26:55

IT不況で採算の合わない量産品のDRAM市場から日本メーカーが撤退し、韓国メーカーが居残っているというだけじゃないかな。それより前からすでに日本や欧米の半導体産業関係企業は設計や開発に主力を移し、製造をコストの安い韓国や台湾に発注するという分業体制ができつつありました。それがIT不況で一挙に加速したという認識を持っています。

実際のところ半導体工場のクリーンルームって、一種の3K職場でトイレも行けないようなナンギな現場で、いかにも今どきの日本人にはあわなそうです。

ram********さん

2009/11/2315:44:42

事実です。シャープの亀山工場の保守点検を自社で行うようになった最大の要因は、装置メーカーから漏れるノウハウの遮断にありました。

mas********さん

編集あり2009/11/2316:26:51

自分から教えたことで、教えた相手を訴える馬鹿はいません。
韓国のメーカーが特許訴訟を米国や日本などあらゆる国のメーカーから起こされていることからも、教えてもらったという証言が裁判で一切出てこないことからもわかるように、真実は藪の中です。
いづれにせよ、韓国メーカーは外国での訴訟には負けながらもなぜか韓国内での訴訟は全勝しています。

なお、2005年に放送された「NHKスペシャル 日本の群像、再起への20年」で、当時台頭してきた韓国メーカーに某日本メーカーを辞めた日本人が77人も技術顧問として在籍していたことが報じられています。
後に某日本メーカーが韓国メーカーを半導体特許訴訟で訴えていますが、これが何を意味するかは言うまでもないでしょう。

ところで後学のために、あなたのおっしゃる記事がなんという本に書いてあったのか教えていただきたいのですが?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる