ここから本文です

幕末における尾張藩と芸州藩の立場とは。

tek********さん

2009/12/519:02:43

幕末における尾張藩と芸州藩の立場とは。

尾張藩は御三家筆頭でしたが、幕末では幕府を守るような行動を積極的に起していないように思われます。
何故でしょうか。

また、芸州藩は長州藩に味方するような行動をとっていると思いますが、新政府では優遇されたのでしょうか。

閲覧数:
1,694
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kot********さん

2009/12/519:34:44

まず、尾張はやっぱり、8代将軍位争いがあったためか、佐幕的に一本化されていないようですね。
当時の当主は高須出身の慶勝ですが、彼は会津の松平容保・桑名の定敬の兄に当たります。
ですが養子の上、尾州ほどの藩では家老以下が強く、リーダーシップが取れなかったようです。

決定的なのは、佐幕派家臣と、尊王派家臣が争い、血の粛清事件がおこったこと。これですっかり藩内が混乱し、主導的な行動が取れませんでしたが、結果新政府からもあんまりにらまれずに済みました。

芸州ははっきり長州寄りではありませんけれど、幕府寄りでもなく、まあ穏便と言うべきでしょう。
大藩なので、「小御所会議」でも呼ばれており、浅野斉粛と家老・辻将曹も議決権のあるオブザーバーとして参加、薩長に協力しています。
まあ維新後は特に、優遇もされていないみたいですけど。

幕末尾張の混乱は、城山三郎の「冬の派閥」(新潮文庫)で描かれています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jim********さん

2009/12/618:12:05

尾張藩…

御三家筆頭で将軍職の継承権を持つ名家ですが、一度も将軍を輩出することもなく(紀伊藩8代吉宗、14代家茂。水戸系統15代慶喜)

御三家の中では徳川宗家に対する忠誠心(親近感)は一番薄かったのでは。

芸州藩…

長州藩とは藩境を接し人的交流もあったと思います。

仙台、米沢両藩が会津救済をしたように隣藩のつながりは当時は有効でしたし、

第二次長州征伐の勝利した長州藩への恐れもあったと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる